遺品整理に関してのお話

皆様こんにちは、遺品整理まごころの相澤です

2022年(令和4年)となりすでに20日経ちました。正月の雰囲気は面影を失いつつありお家に残った切り餅などの余りもお腹の中へ、綺麗に処分された頃合いだと思います。

 

本日は改めて遺品整理とは何かを改めてお話ししたいと思います。

 

遺品整理とは呼んで字の如く、亡くなられた方の残した品物(遺品)を整理する作業のことを指します。基本的には遺品の仕分け・整理に関しては相続の関係もあるので身内の方が行うのが一般的ではあります。

 

ではなぜ私共のような遺品整理業者がいるのか、と申しますと身内の方が対処しきれない物量があったり純粋に多忙により時間が取れなかったりと理由は様々ではありますが遺品整理の時間が取れないことが多くあるということが挙げられます。

 

私自身、父親の遺品整理に関して借りていた部屋の契約満了日まで時間がなく物量も非常に多かったため一人で整理を行うことが非常に困難であったことから当時遺品整理業者に依頼をした経緯もあります。

 

また整理した後の問題もあります。主に不用と判断した物の処分です。

必要で使えるような物であればよいのですが例えば壊れてしまっている家電や古いソファなどの家財は改めてご自宅で使おうと思っていても使えないといったこともあります。そういった場合の処分は身内の方だけで行うのは時間も労力も非常にかかります。そのため、私共のような整理をする専門の業者が必要となってくるという訳です。

 

それではどこからが遺品整理に当たるのか、またどのような依頼から受けてもらえるのかと不安な方もいらっしゃると思います。

私共では生前整理・遺品整理・ごみ屋敷のお片付けから買取・清掃も行っておりますので様々なご要望にお応えできると思います。またお問い合わせを頂ければ担当スタッフが丁寧にご案内させていただきますのでホームページ内のお問い合わせフォーム・LINEからでもお問い合わせください。

 

ごく簡単な遺品整理・遺品整理業者のお話ではありましたが何かご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください。いつでもお客様の親身になれるように日々努力を重ねてまいります。

札幌市 南区での遺品整理

皆様こんにちは

遺品整理まごころの相澤です

ついに11月も中盤となり市内でも最高気温が5度といった日が出始めました

場所によってはすでに降雪もあり気温も氷点下でいよいよ冬が到来してきていると肌で感じ始めております

 

さて本日は南区での遺品整理業務になります

今回はとある施設の一室をお片付けさせていただくこととなりました

 

人数 3名
所要時間 2時間
間取り 1DK

 

一般的な施設での間取りになり、ご遺品もほとんどがご家族の方によって片付けられており家具などご不要と判断されたもののみが残っている状態でした。このコロナ禍でのお片付けですので事前に体温測定・消毒を行いお部屋まで伺います。検温、消毒は普段から行っていることなので特別負担と感じてはおりませんが、やはり改めて施設側からの要請があるたび感染者数は減ったもののまだ以前の状態に戻れてはいないのだなと実感します。

 

今回は物量が少なかったため、スタッフ3名で室内の残置物の分類を済ませ、ある程度まとまったタイミングで回収していただくための仮置き場に搬出していきます。エレベーターが一基しかないので入居者の方のご利用を優先し、搬出物の重量によっては階段での搬出を行いました。

 

当日は風も強く仮置き場に置いてある不用品が飛ばされないよう上に重量のあるものを置き対処します。細かいものは特に風に飛ばされてしまいますので、不用品を回収までの間作業車に一時的に保管する場合もありますが仮置き場の状態や天候など臨機応変に対応させていただいております。

 

そうしてすべての残置物がお部屋から搬出された後は簡易清掃に写ります。今回は清掃特に不要ということでしたが家具の裏側など埃がたまってしまっている箇所は掃除機で、床に水滴などがこぼれている場合はタオルでふき取りを行います。施設内にも搬出の際にどうしても落下してしまう細かな埃や家具の塗膜などがあるため搬出経路の清掃も最後に必ず行います。もちろん、搬出時に何も落とさないよう工夫をし努力を重ねてはおります。

 

後は公社様が回収に来ていただき、仮置き場の清掃を済ませすべての作業が終了となります。中には施設内への立ち入りに人数制限がかかる場合があります。その際は少々お時間を頂く場合がありますが一度弊社にご相談ください。担当スタッフが丁寧に対応させていただいております。

 

いかがでしたでしょうか、今回は施設でのお片付けではありましたが大まかな流れとしては特別普段と変わらない作業内容です。施設だからといって特別他にやらなければならないことがあるのではないか、といった不安なお客様もいらっしゃると思いますが施設の規約によって変わってくるものですので、私共も規約をよく聞き事前に作業工程をイメージしてから作業に入るため、スムーズに作業を始められるのです。ですのでお片付けをされる前にご確認させていただくこともあるとは思います。

 

わからないことがあればお気軽にご相談ください。お電話でも構いませんし今はSNSの時代です。LINEにお写真や相談内容を書いていただければ担当スタッフから返信させていただきます。ただお電話での場合ですが作業中であったり運転中であったりと折り返しお電話をさせていただく場合があります。担当スタッフの携帯電話からの返信になりますので登録していないお電話からの着信に出ないよう設定してある方などは設定を解除していただくようお願いいたします。

 

このブログが少しでもお客様の一助となれば幸いです

札幌市 東区の遺品整理

皆様こんにちは!

遺品整理まごころの相澤です

今回はLINE査定よりお問い合わせ頂いたお客様の遺品整理となります

作業は一日を予定したおりましたが物量が想定より多くありましたのでお客様と相談の上二日に分け作業することとなりました

一日目はお客様が残しておきたい物や遺品買取を依頼された物など処分しない物をお客様と一緒に確認してもらうことから始まりました

 

家財や小物、貴重品などを一つ一つか確認していき他の不用品と間違わないように他スタッフにも周知、テープで目印をつけることで安全に作業を行う準備をしました

 

今回は捜索物などがなかったため、準備で振り分けをしたもの以外は基本的不用品ということになりますので不用品の種類ごとに分別を行い収納袋に入れて搬出していきます

 

一日目は4名での作業でしたので2名で分類、2名で搬出ということになりました

階段の勾配が急であったため、できる限り気を付けて搬出を行います

 

時々休憩を頂きながら作業を行い、午後には環境公社様が不用品の回収に来られたので引き取ってもらい残りは2日目のスムーズな搬出のために分類、収納袋への詰め込み作業を行います

 

時間になったら一日目が終了、お客様から二日目の作業のためカギをお預かりしました。今回は予定していなかった二日目の作業ではありましたがお客様が追加で不用品の処分などをご依頼されていない場合は基本的に2日目の料金はかかりません。そのあたりのことも初めにお客様に説明しご理解を頂いております。

 

作業二日目ですが、一日目に袋詰めした不用品を搬出することから始めました

一日目にほとんどの不用品は搬出しましたがそれでもまだ物量がありました。二日目は3名での作業になりましたので2名で分類、1名での搬出になります

 

二日目は一日目の分類が功を奏しスムーズに作業を進めていくことができました。一目の作業と内容は同じで搬出して時間になったら回収に来てもらうという流れです

 

不用品を回収してもらいお部屋の中が残すものだけになった後は、お客様からご依頼されたシンクと冷蔵庫の清掃です。シンクには錆がありすべてを落としきることはできませんでしたが弊社でできうる限り綺麗にさせていただきました

 

冷蔵庫も同様に綺麗に清掃していきます。その間に他のスタッフは作業時に不用品などから落下した埃などを掃き掃除していきます

 

今回はお部屋全体の拭き掃除や除菌依頼などがなかったため、ここまでの清掃作業となりますがお客様のご依頼によってはオゾン発生装置による除菌なども行えます

 

清掃が終わりましたらお客様に連絡をし立ち合いをしていただいてからお支払いをしていただきます。お客様も綺麗になったお部屋をご覧になられ満足していただけました。ここが作業を行っていて一番良い瞬間ですね

 

さていかがでしたでしょうか?

今回はLINEからお問い合わせをしていただいたお客様のお仕事でしたが、事前にお電話でいただくよりもスムーズにお見積もりなどご連絡を取ることができました。

 

LINEでの問い合わせの場合、お電話よりも簡単で必要な情報や写真を撮るだけで簡単なお見積もりを作成することも具体的なお見積もりをするためのスケジュール確認もメッセージを送るだけで済みます。

 

中には仕事で時間がなくなかなか電話することも難しいという方もいたっしゃると思いますので、その際は是非LINEでの簡単査定やお問い合わせをしてみてください。担当スタッフが丁寧に回答いたします

 

このブログが皆さんのお役に立てれば幸いです

札幌市 南区でのお片付け

皆様こんにちは

遺品整理まごころの相澤です!

 

最近は日が傾くのが早くなり朝方も涼しくなり始めました

いよいよ秋が訪れようとしていますね♪

本日は日中とても暑く感じましたが、夕方近くは過ごしやすい気温でした

丁度良い気温で常に過ごしたいものですね

 

さて本日は南区でのお部屋のお片付けになります

人数 4名
時間 5時間程
間取り 3LDK

 

今回のお片付けはあまり時間をかけることができなかったため人数を動員し短時間で作業を行いました

 

2名で分類し2名で搬出作業を行うことでよりスムーズに作業を行うことができました。環境公社様の回収をお願いするための仮置き場もブルーシートを設置し、内容物が周りに散らばらないよう隙間なく搬出物をまとめていきます。

 

家財の搬出中はどうしてもほこりなどが階段やフロアに落ちてしまうため、作業中は定期的に掃き掃除を行っております。できる限り他にお住いの方にご迷惑をおかけしないよう常に心がけております。

 

特に大変だったことは敷地内は閉じられた構造であったため、他に住まわれている方の出入りがあり搬出作業中に接触しないよういつも以上に気をつけたことになります。今回の建物の構造上どうしても見えない箇所が多くあったことも理由の一つです。あとはいつも通り最後に簡易清掃を行い、すべての作業が終了となります。

 

今回はスタッフの人数もおり大幅に作業時間の短縮可能になりました。様々なお客様がいらっしゃり、様々なご要望もございます。退去に伴い早く作業を行わなければならないなどできうる限り対応させていただきたいと思います。

 

少しでもご不明な点などございましたらまずはご連絡を!

 

お部屋のお片付け、生前整理から遺品整理、遺品買取など手掛けております♪

札幌市 西区での遺品整理

残暑もまだまだ厳しい北海道札幌市からこんばんは

遺品整理まごころの相澤です!

 

8月もそろそろ終わりですが未だ30度近い気温があります。北海道特有のカラっとした暑さではなく湿度があるまとわりつくような暑さで温暖化の影響なのかどうなのかと言ったところです

 

さて、本日は西区での遺品整理になります

 

人数

3名
時間 2日半
間取り 2LDK

 

今回はお客様のご依頼により捜索物が多くあり貴重品やお写真など様々なものがあり残置物の中から分類作業を行い慎重に捜索する2日間でした。

残置物は玄関から書類やダイレクトメールが積み上げられており、なかなか他のお部屋にたどり着くことも難しく先ずは導線を作るように作業を進めていきます。

 

各部屋への導線が作り終えたら各スタッフがそれぞれの部屋で分類作業を行っていきます。各スタッフは不用品と捜索物を分けるため収納BOXと段ボールを持ち作業に当たります。お客様にお渡しする際には段ボールにそれぞれ捜索物を詰めた状態でお渡しします。お客様によっては遠方に住まわれておりそのまま郵送できるようにとこのような梱包の方法を取らせていただいております。

 

郵送や引取りなどお客様のお住まいなど条件は様々ですので一度ご相談いただければお客様のご希望に合わせ対応させていただきます。捜索物などの状態によっては難しいものなどもありますがお客様だけではなかなか判断がつかないものもあると思いますのでお気軽にお声がけください。

 

各部屋、リビングやトイレ浴室とすべてのお部屋で分類作業と捜索物を段ボールに収納する作業を終え、不用品を環境公社様に引き取っていただくため屋外に仮置き場を作らせていただきそこにまとめて置かせていただきました。

 

この引取りをお願いするところまではいつもの作業なのですが、この後は各部屋やリビングなどにあった貴重品や捜索物を郵送のため、カテゴリ―毎に分け隙間なく梱包作業を行います。それぞれの部屋に分散して捜索物があったため、一度収納した物を再度段ボールに詰めなおす作業です。なかなか大変でしたがお客様のためスタッフ3名で梱包作業を行いました。

 

最終日はお片付けさせていただいたお部屋の確認をお客様にしていただき、集荷依頼を行って梱包した段ボールをお客様の指定の場所まで郵送しました。最終日は立ち合いと郵送のみでしたので、担当スタッフ一名で対応させていただきました。

 

いかがでしたでしょうか?

今回は捜索物の多い現場であり郵送のための梱包作業も大変でしたが、お客様のためと思えば頑張ることができました。家具のお引越しや今回のような郵送に関してもお気軽にご相談いただければ真摯に対応させていただきますので、お電話でもLINEでもご相談ください。

 

このブログが皆様のお役に立てれば幸いです。

札幌市 厚別での遺品整理

皆様こんにちは

遺品整理まごころの相澤です

 

札幌では市役所本庁にてインド型変異ウイルスに感染した疑いが職員3名に対して判明したとニュースになりました。どうやら調査の結果マスクをせずに来庁した方から感染したのではないか、との話でした。

 

そのニュースを見て思い出したのですが、確かに最近マスクをせずに往来している方を見かける頻度が多くなってきました。自身や周囲がコロナに感染したケースがないので油断しているのか、ワクチンが出てきたからなのか理由は定かではありませんが、ワクチンを打ったからといって100%感染しないこともありませんし、あくまで重篤化するリスクが減少するなどメリットがある程度である、ということだと思います。ですが、変異型はすれ違っただけで感染する、という話もありますので、自信を守るためにも大事な方を守るためにもマスクの着用はできる限りしましょう。最近は暑く湿度も高い札幌ではありますが、確かに息苦しいですが必要なことと考え行動しましょう。一人ひとりが行動することでより良い環境になると信じています。

 

さて、少し説教くさい感じにはなってしまいましたが今回のお仕事を紹介したいと思います。

 

人数 3名
作業時間 3日
間取り 一軒家

 

 


 こちらが居間の作業前の写真になります。ペットを飼われており、ケージなど関連する雑貨や生活用品が置かれています。こちらにはご家族の方がまだお住まいになられていますので、お客様に随時不要・必要の判断をしていただきながらの作業になりました。

 

そしてこちらがお片付けが終了した居間になります。必要なケージや雑貨などを残し、他の不用品をすべてお片付けさせていただきました。また、使われるものを他のお部屋に運ぶことでより居間が広々とした空間となりました。

 

 

こちらが1Fのお部屋のお片付け前の写真です。家電やソファなどの周辺に残置物が多くあり、足を差し込む隙間もあまりありませんでした。形のある大きな家具などを搬出するために入口から順次お片付けを開始します。

 

 

こちらが不要な物を片付けた後のお部屋になります。2Fにあったシェルフを搬入し使いやすいお部屋になりました。必要な物も段ボールに一まとめにすることでお部屋をよりカスタムしやすくなっております。この後、お客様が模様替えを行いたい、とこことでしたのでこのような状態にさせていただきました。

 

そしてこちらが一番物量があり、お客様も不要な物が多くあった2Fのお部屋です。本や資料が多くありました。皆様も雑誌などの紙束をまとめて持ったことは学校などで一度は経験がありと思います。そうです、それなりに重量があるのです。これをお客様おひとりで搬出するのはかなりの重労働。今回はスタッフ3名で搬出しましたが、特に労力を使った作業でした。

 

 

 

 

そしてこちらがお片付け完了後の写真です。棚にはお客様が必要な物しか残っておりません。床は掃き掃除後、拭き掃除を行い汚れを落としました。他にもお部屋はありますが、今回お片付けさせていただいたのは故人の方が使われていたお部屋や共通の居間だけであったため、こちらのお部屋で最後になります。

 

 

いかがでしたでしょうか。今回は写真を見ていただきながらのご紹介となりました。少しでもお役に立てたでしょうか。

 

私の実家も少し片づけをお願いした、といった生前整理から引っ越し前のお片付けなども承っております。LINEでの簡易お見積もりを始めましたので、ぜひそちらもご活用ください!

 

 

 

 

札幌市 北区での遺品整理

こんにちは、遺品整理まごころの相澤です

札幌でも順次コロナのワクチン接種の通知が送られるそうです。

皆様はワクチンを打つかどうか決められましたでしょうか。

私は以前呼吸器系の疾患を患ったこともあり、コロナにかかった場合のリスクよりもワクチンを接種した場合のリスクの方が低いと思ったので2回とも摂取しようと考えております。世間ではワクチンの副作用ばかり取り上げられておりますが、今一度自身の健康状態を鑑み、決めていただきたいと思います。

 

さて、それでは今回のお仕事紹介を行いたいと思います。

 

人数 2-3名
作業時間 6時間ほど
間取り 一軒家

 

今回の遺品整理業務は午前2名、午後から3名体制で挑みました。

すでにご依頼主様は不用品などの分類はお済とのことに加え、きちんと整理整頓を常日頃行っていたようで残置物が少なく容易に分類が可能でした。私も整理整頓を私生活でも常に行いたいものです。

 

午前中は分類・環境公社様へ依頼するためご自宅前の庭先にスペースをお借りしまとめて置かせていただきました。環境公社様はパッカー車で回収に来られるので、大きなものなどは分類し屋外に搬出した際に分解しパッカー車に積み込みやすくしておくことも忘れません。

 

この日はとても暑く、風もほとんどなかったため屋外での作業は水分をこまめにとり、休憩を随時はさみながら作業を行いました。皆様もこれからさらに暑くなります。水分補給や日陰などを歩くことで少しでも熱中症にならないよう予防していきましょう。ちなみに私は日よけに作業用の帽子をかぶっています。それでも暑いですが

 

傷などが少なく海外輸出が可能な家具は作業車に積み込み、他の不要と判断された家具は先述の通り分解し固めておきます。そうしてすべての残置物の搬出が終了したのが午後14時頃になります。屋外ではスタッフ1名が分解作業を行い、残り2名は屋内の簡易清掃を行いました。

 

分解作業は当然木くずなどが出てきてしまうため、下にブルーシートを敷き周りに飛び散らないように注意しながら行います。屋内の清掃はフローリング、和室の清掃と水回りの清掃を行いました。途中お客様も清掃風景をご覧になられ、綺麗になったことを喜んでいただけました。

 

こうして実際に喜んでいただけると私どももやりがいを感じられます。このコロナ禍で色々大変ではありますが、めげずにやっていこうと思います。

 

15時ごろには環境公社様が来られまとめておいた残置物を回収していもらいました。その際も路上に残置物の破片などがどうしても出てしまうため、最後に分解時にどうしても飛んでしまった破片などすべてを清掃を行い遺品整理は官僚となりました。

 

ご遺品の中から買取が可能な物が出てきましたので、お客様に買取をするか思い出の品として必要かを改めてお聞きしました。結局お客様は事前に必要な物は分類しているとのことで買取をさせていただきました。その場で買取をさせていただきましたが、遺品整理での料金から差し引きさせていただき、差額をお支払いいただきました。

 

一軒家での作業にしては今回は早めに終わりました。お客様が事前に整理を行っていたことも影響していますが、中には手を付けられないのですべて作業してほしい、とご依頼をしてくださる方もいらっしゃいます。どちらの場合でも差をつけることは当然ありません。困ったときは私共を頼っていただければと思います。

 

いかがでしたでしょうか

今回は一軒家での遺品整理でしたが半日で作業が完了しました。

場合によってはこのように半日やそれ以上に早く終わるケースもございますので、道外に現在お住いの方でも滞在中に作業を終わらせることもできる場合もあります。ですので、お気軽にご相談ください。

 

このブログが少しでも皆様のお役に立てれば幸いです

 

 

真駒内での遺品整理

皆様こんにちは

遺品整理まごころの相澤です

 

6月も残すところ1週間余りとなりましたが、気温はどんどんと上がっております。日焼け対策や熱中症の予防は皆様、きちんと行っているでしょうか?

私自身暑い中作業をすることもあり、適度に休憩をとりながら水分補給も行っております。これからどんどんと暑くなってきますので、より一層気を付けていきましょう。

 

札幌ではクマが出没しけが人もでました。

興味本位で近づくことなく、情報が出た段階でできうる限り近づかないようにしましょう。ヘヴィ級プロボクサーよりも強い力ですから人間では太刀打ちできません。十分気を付けましょう!

 

さて、今回は真駒内で遺品整理業務がございましたのでそのご紹介となります

 

人数 3名
作業時間 1日
間取り 3LDK 

 

今回はお部屋の写真を掲載させていただけるとのことでしたので、写真を交えて紹介したいと思います

 

 

 

    

 

こちらが整理前のお部屋の写真になります。

とても綺麗に住まわれており、一見して物量があるようには見えません。

きちんと整理されているためそう見えないだけで相当な物量がありました。

ですが、物用があったにもかかわらず全体を見てみれば1日で作業が終わりました。それも住まわれていた方が生前整理整頓をしていたためです。

私共の作業で一番時間がかかるのは以前もブログで書きましたが分類作業が一番時間がかかります。中には可燃性の危険物が他のものに混ざっている、なんてこともあるためです。この確認を怠ると回収してくださる環境公社様の車や施設が火事になってしまう恐れがあるからです。

ですので、このように整頓されているお部屋であれば物量があっても1日で作業が終わることがあります。

 

 

そしてこちらが整理後の写真になります。

家具などの裏はどのご家庭でもそうですが、埃が積もってしまっていますので清掃を行って終了となりました。輸出向けの家具なども買取をさせていただきましたので、遺品整理作業の料金から差し引きさせていただきました。

ご遺品の買取も作業をすすめ、分類を行っている際にチェックしながら行うため、見逃しもありません。

 

もちろん、お客様が思い出にと引き取られることも多くあり必ずしも売らなければならないということはございません。

あくまで、不要だと判断され我々が買取できるものをさせていただければと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

写真を掲載したのは久しぶりではありますが、やはり写真があると皆様もわかりやすいと思います。快く掲載許可をいただきましたこと、この場でも感謝いたします。

 

清掃もそうですが、コロナが心配だというお客様にも室内除菌を行うことも可能です。お気軽にご相談ください。

 

このブログが少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

札幌市 北広島での遺品整理

皆様こんにちは

遺品整理まごころの相澤です

 

今回はお仕事を紹介しようと思います

人数 4名
作業時間 2日
間取り 一軒家

 

今回の作業は北広島で、一軒家での遺品整理でした。

一軒家ということで物量があり、丸1日分類作業に費やしました。

作業自体はお客様の都合によりお昼からの作業で、まだお客様も必要なもの不必要な物の分類が終わっておらず順次必要そうなものは一か所に集め判断してもらうようお願いいたしました。1Fは居間・キッチン・お風呂・和室1部屋でそれぞれの場所に書類や未開封・未使用なものがスタックしてあり、そちらもまとめて判断していただきました。特に未開封のものでも賞味期限が切れたカップラーメンなどもあるため、こういったものは口頭のみの質問で判断していただき、少しでもお客様のご負担とならないよう協力して整理を進めていきます。

 

2Fには物置、洋室2部屋がありどちらも雑誌や服、娯楽品といったものがあり一番分類作業に時間がかかるところでもありました。ですが、お客様も協力していただけたため、不要と判断されたものを即座にまとめることができました。

 

このように状況によりますがお客様と共同で作業に当たることもあります。主にお客様自身で必要なものなどの判断をその場で行いたい、というものがあります。その分お部屋やお家のその後の対応が早く行えますので当然と言えますが、私共もできる限りお客様の要望に沿えるよう対応いたします。

 

1日で分類、不要物をまとめ

2日目で環境公社様に不要物を回収していただきました。

丸一日の作業で出た不用物のわずか10分ほどで環境公社様が回収されました。

お客様もこのスピードには驚いておられましたが、これもお客様と共にまとめたことにより環境公社様も特別排出された不要物のチェックを行わずに回収していただけたためでもあります。

 

公社様の回収が終われば、あとはこちら遺品の買取となります。

お客様が使わないと判断されたものでお値段が付くものであればご相談の上買取をさせていただきます。こちらは買取を担当しているスタッフが直接お話しさせていただき対応させていただきます。

 

以上で今回の2日にわたる作業が終了となります。

 

いかがでしたでしょうか

 

最近は生前整理・お部屋のお片付けのご依頼が多く印象ではあります。

生前整理が広く認知されるようになり、いろいろな方からのご依頼もあり少しでも皆様のお役に立てる一層努力をしていたきたいと思います。

 

このブログが少しでもお役に立てれば幸いです。

 

札幌市 白石区での遺品整理

皆様こんにちは、遺品整理まごころの相澤です

 

北海道は先日、緊急事態宣言を受け全道で外出自粛・時短要請が行われました

内容は今までと同様ではありますが、5月31日までと今月は不要不急の外出や移動を控えるように、との要請でした。このコロナ禍のゴールデンウイークですが、ある程度ワクチンも目途が立ち、実際に接種する人も出てきております。外国ではすでにできる限り効率を重視し6月からはワクチン接種者は外出や移動などが解禁される予定となっていると言います。民間人にも抽選でワクチンが摂取できる状態にあり、日本の対応は遅いのは、ワクチンを外国に頼っているだけではないでしょう。

 

ですが、札幌では26日ほどからワクチン接種が高齢者に行われますので急な延長などなければ自体は動いていくでしょう。あと少しの辛抱だとは思いますが、事態の完全収束まで前回の新型インフルエンザを鑑みるに、あと1年ほどは続くものと個人的には感じます。札幌の感染者数が急増し、身近にも陽性反応が出た方もいらっしゃるのではないでしょうか。事情によるとは思いますが、マスクや手洗いうがいなど対策をできうる限りしても感染するケースもあります。ですので、陽性反応が出たからといって、決してその方を責めないでいただきたい。国民が自主的に移動の自粛などを行い、少しでも被害が少なくなるよう頑張れたのですから、自らがかかってしまった時のことを考え、優しく社会復帰ができるようサポートしてあげるのもまた、一つのコロナ対策なのではないでしょうか。

 

さて、それでは今回のお仕事紹介です

人数 4名
作業時間 4時間ほど
間取り 2LDK + 物置

 

今回は時間を短縮するため、通常2名で1日作業のところ予定の空いているスタッフを動員し、4時間ほどで作業を行いました。現場が階段のみの建物であるため、スタッフ2名で分類作業を行い、残り2名で搬出を行いました。ご遺品の量としては一般的な量でしたが、すでに必要な物・不要な物を分類してくださっておりましたのでこちらもスムーズに作業を行うことができました。

 

ですが、写真や書類といったものは家財の裏など思わぬところに落ちていたりするこがあるため整理をしながら発見次第、お客様に確認を取らせていただきました。中には写真など一度不要と判断されたとしても改めて思うと一枚は取っておきたい、と思い直される方もいらっしゃいますので一つ一つの確認が重要なのです。

 

今回は普段通りの作業でしたが人員が多くいたため早く作業が終わりました。その為、お客様の時間をいたずらに拘束することなく済みました。毎回できる限りお客様のために早く安くお仕事ができるように担当スタッフが奮闘しております。ですので、一度悩まれている方はご連絡ください。弊社スタッフがご相談に乗らせていただきます。

 

このブログが少しでもお役に立てると幸いです