札幌市 西区での遺品整理

皆様、こんにちは

遺品整理まごころ 相澤です。

今回はお仕事紹介は札幌市西区での遺品整理です。

 

今回は遺品整理の流れを少し詳しくお話ししようと思います。

開始時刻は午前10時、今回はマンションでの遺品整理になりますので残置物の仮置き場を改めて管理人様とお話をします。仮置き場は事前に確認は行っておりますが、事情により予定していた区画が使えなくこともありますので、念のための確認となります。

 

その後、エレベーターが家財の搬出で傷がつかないように養生を行います。この時期は粘着テープの力も弱くなったりするので剥がれないよう気を付けながら作業を進めていきます。

 

養生が終わり、残置物の搬出を行える段階で一度ご依頼主様に作業開始のご連絡をさせていただきます。この時にご依頼主様によっては捜索物のご依頼や、取っておきたい思い出の品など分類を行いながら作業を行うこともあります。

 

今回は事前に分類作業を行いながら不用品を整理してほしいとお話しされていたので、ご依頼主様に不要と判断をしていただいた物から順番に搬出していきます。

今回はスタッフ3名での作業でしたので、一名がご依頼主様と共に分類し不用品をまとめる作業、残り二名がまとめた物や家具など大きい物の搬出と役割を分担しスムーズに作業を行っていきます。

 

木製の家具が多く、仮置き場の関係上分解しなければならなかったため、木片や釘などが現場に散乱しないよう、作業車内で分解を行いました。また、作業車内で分解する理由の一つに、家具の作りによってはハンマーなどの工具を用いなければならず、分解時に大きな音がなってしまうので、それをできる限り抑えるということもあります。

 

お昼休憩もはさみながら、午後の動きをスタッフで確認し作業計画を共有しておきます。作業の進捗によっては、整理する順番が変更になることもあるためです。

 

午後も同様に、ご依頼主様が不要と判断した物をまとめたり家具を搬出を行いました。14時頃には4LDKのお部屋の整理が終わり、不用品の全ての搬出が完了しましたので、続いて2畳ほど物置の整理になります。

 

物置にはそれほど残置物はなく、ご依頼主様もすぐに不要と判断されたため、すぐに搬出を行いました。物置だけの搬出は30分程度で完了しました。お部屋は広かったですが、不要と判断された物量もそう多くなく比較的早く作業も終わりました。

 

最後にご依頼主様にご挨拶をさせていただき、仮置き場にまとめた残置物も回収をしてもらいました。これで、今回の作業の全工程が終了となります。

 

作業時間:約5時間ほど

作業人数:3名

間取り:4LDK + 物置

 

さて、いかがでしたでしょうか。

今回は少し詳しく書いてみましたがイメージがつかめましたでしょうか。

実際はもう少し、事前の打ち合わせや現場まで向かうための準備などがありますが今回は省略させていただきました。

 

少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

 

遺品整理だけではなく、生前整理もおこなっておりますので疑問に思ったこと、ご不明な点などございましたらお気軽にご連絡ください。スタッフが丁寧にご説明させていただきます。

遺品整理まごころの海外輸出

こんにちは、遺品整理まごころの相澤です。

本日はいつもの遺品整理のお仕事紹介ではなく、買取や引取りをさせていただいた家具や雑貨を海外へ輸出するエコロジーなお話をさせていただこうと思います。

 

遺品整理業界でもご遺品を買取させていただく場合も往々にして増えてきましたが、残念ながら国内での需要がなく買取が難しいものもございます。その中でも状態が良いものやキッチン雑貨など使用済みのものでも未だ使用が可能であるものはまとめて海外へ輸出させていただいております。というのも、2015年に英国ではサーキュラーエコノミーパッケージを法律に組み込み一般廃棄物の65%をリサイクルすることで資源枯渇から産業界を保護するなど、世界各地でサーキュラーエコノミー(循環型経済)を考え、現在では経済成長政策の中心に据えられております。

 

つまり、今までは資源を採掘し、加工し、消耗したら廃棄するというリニア(直線)型経済でしたが、資源の枯渇や温暖化など様々な環境問題から脱するために資源を一から採掘するのではなく、廃棄物の中から資源を採掘しなおすという方法がとられています。

 

私共も、ご遺族の方の思いが詰まったものを、ただただ国内での需要がないからと処分してしまうのは忍びない、少しでもどなたかのお役に立っていただけないか、と考え海外輸出事業を行っております。

 

さて、一口に海外輸出と言っても一般の方はどのようにして送っているのかわからないと思いますので、作業中の写真を添えて紹介させていただきます。

 

 

いつも使用しているコンテナになります。

私共はタイへの輸出をしているため、海路で送っています。皆様もよく映画内のワンシーンで、このようなコンテナを見たことがあると思います。まさにそれです。ですが、このようなコンテナが映るシーンはたいていアクションシーンですので、よく爆破されたりクレーンから落とされたりしていますね。今までは盛り上がるシーンでしたが、この仕事をさせていただいていると、少し見方が変わった気がいます。

 

 

こちらが作業中の写真です。

足場を作り、コンテナ内へ搬入しています。複数人でないと持てない家具もありますので、なかなかの重労働ではありますが、少しでも皆様の思い出の詰まったものを生かしたいと考えると力が出てきます。スケールで長さを測り、隙間なく家具や段ボールを配置していきます。隙間が大きいと、運搬時の揺れで破損してしまう恐れがあるからです。

 

 

そうして全長16.4mのコンテナがすべて埋まりました。

細かな雑貨などは段ボールにまとめ詰め込んでいます。

軽いもので5kgほど、重たいもので20kgほどになりますので、必ず側面には内容物と重さを記載しています。

 

後は輸送業者様に依頼をし、タイまで運んでいただきます。

後は細かな打ち合わせなどはありますが、今回は省略させていただきます。

 

以上で、遺品整理まごころ 海外輸出事業の紹介を終わりたいと思います。

 

 

いかがでしたでしょうか?

今回は海外輸出に関しての説明と、実際の作業風景を紹介させていただきました。資源枯渇はたびたびニュースで言われており、またレジ袋有料化など身近なところでも変化が起きています。少しでも皆様のお役に立てればと私共も幸いです。

 

遺品整理まごころ をこれからもよろしくお願いいたします。

小樽市での遺品整理

札幌も気温が10度を超え始め、いよいよ春の様相を呈してきました。雪解けも進み、道も歩きやすく買い物もそれほど苦労しなくなりましたね。車で移動される方は路面も出ており、路肩の雪山も低くなったため走りやすくなったのではないでしょうか。飛び出しなど発見の遅れが少なくなりましたが、油断せず安全運転を私を含め行っていきましょう。

 

こんにちは、遺品整理まごころの相澤です。本日は小樽市で行ったお仕事の紹介です。今回はお客様が写真の掲載を許可して下さったので、合わせてお話をさせていただきたいと思います。

 

 

こちらが、作業前(お見積り時)の写真になります。

 

見ていただくと歩くスペースはありますが、所々に残置物がありスムーズに搬出ができない状態となっております。ですが作業当日、ご自宅へ伺うとゴミ袋やその他床に残されていた残置物の数が少なくなっておりました。どうやら、ご依頼主様がご自身で出来ることをして頂けたとのこと。

 

 

搬出するための通路が確保された状態でしたので、作業がとてもスムーズに始められました。ですので、今回お見積の際に入っていなかったベランダの残置物も多くありましたが、お見積もり時の価格そのままでお話しをさせて頂きました。

 

 

今回はお部屋から出し難い大きめの家具も多くあり、分解できるものは限りなく分解し、各種別毎に分類をした後環境公社様に回収して頂きました。回収の際の基準などはそれぞれの地域によって異なるため、事前に担当の自治体に連絡をとり、その地域にあった分類を行っております。

 

 

そしてこちらが作業後の写真になります。

 

 

清掃のご依頼はありませんでしたので、軽く掃き掃除のみ行い、室内作業は終了となります。貴重品は立会の際にお客様へお渡し致しました。

 

エレベーターはなく全て階段での搬出ではありましたが、問題なく終えることが出来ました。最後は階段や通路、エントランスに搬出中に落ちてしまった埃や破片などの除去、手摺の除菌を行ってすべての作業が終了となります。

 

 

お客様にも感謝のお言葉を頂きました。この瞬間がお仕事をさせて頂いて良かったと、思える瞬間でもあります。

 

作業時間 2日

 

でのお仕事でした。

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回は札幌市外でのお仕事でした。小樽は急な坂道も多かったですが、その分風景がとても綺麗で休憩時間や作業終了後に眺めておりました。

 

私共、遺品整理まごころは白石区にございますが、札幌市内のみの対応ではありません。苫小牧や小樽など、札幌市外でのお仕事も承っております。ご不明な点などはお気軽にお問い合わせください。担当スタッフが丁寧に対応させて頂きます。

 

このブログが少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

札幌市内 お母様の遺品整理

こんにちは、遺品整理まごころの相澤です。

 

今回紹介させていただくのは、依然別件でご依頼を頂いたお客様のお母様が亡くなられたとのことで、再度我々にご依頼を頂けました。このことは、我々が真摯に仕事に取り組んできた故でのことなので、とてもうれしく思う反面、お母様が亡くなられたのは残念に思います。

 

住居は4階でエレベーターがなく、すべての残置物を階段で搬出しなくてはなりません。そのため、周囲の安全は特に気を配り作業を行いました。

 

 

事前に軽くではありますが、お客様が貴重品などを整理してくださったようで、特に捜索物もありませんでした。家財はソファやサイドボードなど大型のものがあり、入口の扉を外し搬出いたしましたが、一部玄関よりも大きいものがあり、こちらは室内で解体した後、搬出いたしました。このように、場合によっては室内での解体を余儀なくされるものもありますが、解体時の破片の清掃はもちろん、室内へのダメージも配慮し解体を行いますので、ご安心ください。

 

家財が整理され、物がなくなった様相はすこし寂しい思いもしますが、再出発の意味合いもまたあると私は思います。お客様も整理後のお部屋をご覧になられた際、少し寂しそうにしておられましたが、先へ進めると仰られており、こちらも身が引き締められる思いでした。

 

 

いかがでしたでしょうか。

近年、終活など生前整理に注目が集まり、若い世代からも常に整理整頓を心がけるという動きが出ております。ですが、長い時間愛用しているとなかなか処分にも踏ん切りがつかないということもあります。このブログがその迷いの一助となれば、我々もうれしく思います。

 

料金や処分できるか否か、お焚き上げをしたいなどご要望やご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご連絡下さい。お客様の立場に立ち、親身になって相談に乗らせていただきます。

 

https://ihinseiri-magokoro.net/

札幌市 手稲区での遺品整理

1月も残り1週間を切りました。

年始から緊急事態宣言や降雪・暴風の影響による事故など、いろいろ大変なこともありましたが、遺品整理まごころは本日も頑張らせていただいております。

遺品整理まごころの相澤です。

 

今回は1月にご依頼していただいた遺品整理になります。

前回同様写真は掲載できませんが、少しでも他の方への情報発信をしたいとお伝えしたところ、文章のみの掲載を許可していただけました。

 

作業内容ですが、ご家族の方がある程度ご遺品をまとめてくれていた為、分類作業はほとんどなく、扉から出せない大きな家具の解体と運び出しのみの作業で終了となりました。スタッフ3名で1日、細かい作業を1名で半日で行いました。

 

たいへん綺麗な住宅で、お次の居住者も決まってらしたのでより気を付けての運び出しを行わせていただきました。当然、いつも住宅へのダメージを出さないよう気を付けて作業させていただいております。

 

今回、唯一大変だったこととしては降雪の影響で道幅がかなり狭くなってしまい、1t作業車が駐車できなかったため、小型車2台で何度も運び出さなければならなったことでした。現場の状況によって駐車スペースや仮置き場の確保など様々な状況が考えられます。そのため、車両を変更したり回収方法を変更したりと臨機応変に対応させていただいております。

 

少しでもご不明な点などございましたら、お気軽にご連絡ください!

弊社スタッフが丁寧に対応させていただきます。

 

このブログが少しでも皆様の助けになれば幸いです。

 

 

札幌市 北区での遺品整理

遺品整理まごころの相澤です。

 

早いもので1月も半分を過ぎ、お仕事もすでに何件もいただいております。

 

ここ数年、北海道は寒暖の差が激しい気がします。雪が降ったと思えば翌日には路面が出るほどの気温になったり、そう思えば雪が降り積もったりと。

 

作業時には、残置物の回収などの理由から1t車などで現場へ向かうことが多々あります。日中、夜中に除雪作業をしてくださる方々にはとても感謝をしています。除雪はほんとうに大変で大切な作業ですから。

 

さて、本日は今年の遺品整理の案件を一つ紹介させていただきたいと思います。

 

お客様のご事情により、写真の掲載はできませんでしたが、お話だけは許可してくださいましたので、掲載させていただきます。

 

□札幌市 北区 1DK の 遺品整理 □

 

今回は1DKとのことでしたので、スタッフ3名で2時間ほどの作業でした。

 

残置物は書類や日用品、衣類などでしたのでそれぞれを分類し、貴重品はお客様にお返しいたしました。お客様が不要と判断したものに関しては、わたくし共で適切に処理させていただきました。

 

今回は掃き掃除のみご依頼されましたので、部屋全体を箒がけした後、掃除機で仕上げをさせていただきました。

 

文章にすると短くなってしまいますが、回収よりも分類のほうが時間がかかるほうが多いのです。残置物の種類によっては、混ぜてはいけないものもあったり、貴重品なども混ざっている可能性もありますので、一つ一つチェックしながらの作業になります。その分、お客様には思い出の詰まった写真などもお渡しできると思えばこそです。

 

以上で、本日のご紹介を終わらせていただきます。

このブログが少しでもお役に立てれば幸いです。

もし、作業内容や料金などご不明な点などございましたらお気軽にご連絡ください。弊社スタッフが誠意をもって対応させていただきます。

 

今年も改めて、遺品整理まごころをよろしくお願い申し上げます。

https://ihinseiri-magokoro.net/

新年のご挨拶と札幌市内、2LDKのお片付け

新年明けましておめでとうございます。

遺品整理まごころの相澤です。

昨年はコロナ禍により、リモートワークや時短営業など様々なところで影響が出た年でございました。

 

しかし本年もまた、新年明けて直ぐに緊急事態宣言要請といったニュースが見受けられ未だ緊張感が途絶えません。

 

我々スタッフ一同も、衛生管理には特に気をつけて営業しております。皆さまも共に手洗いなど衛生管理を行い、このコロナ禍を乗り切りましょう。

 

さて、昨年のお仕事ではありますが一件、遺品整理のご紹介をさせていただきます。

 

□札幌市内、2LDKのお片付け□

 

今回のお仕事は市内アパートのお部屋と物置内の残置物のお片付けです。

ゴミが大量にあり、床が見えなくなっていましたが、スタッフ4名ほどで2日に分け作業をさせていただきました。

 

こちらが作業前の写真になります。

 

 

 

電気は止まっていたため、やや暗く見づらい写真になってしまい申し訳ありませんが残置物が多く見られます。

 

 

今回のご依頼には清掃などは含まれていないため、それぞれ分類を行い前回同様、札幌環境公社様に一般廃棄物(賞味期限切れの食料品や、紙などの燃やせる物など)を回収していただきました。

 

 

そして、こちらご作業後の写真になります。

 

 

 

いかがでしょうか、清掃はご依頼には含まれていないため軽く掃き掃除をさせていただいた程度ではありますが、残置物は全て回収させていただきました。

 

浴槽の黒カビは範囲が広いですが、清掃のご依頼があればこちらもやらせていただきます。

 

 

各国ではコロナのワクチン接種が始まっております。効果は未だ不明ではありますが、是非とも早く、日常を取り戻したいですね。

 

このブログで少しでも、前に向くことができたら幸いです。

 

また、我々の仕事に対して依頼はしたいがどのようにしたらよいか、金額はどれくらいかなど簡単なご質問からでも受け付けておりますので、ご気軽にご連絡ください。

 

それでは、本年も遺品整理まごころを宜しくお願い申し上げます。

札幌市内、マンションでの遺品整理

こんにちは、遺品整理まごころの相澤です。

 

今回ご依頼いただいたのは、2LDKのお部屋の整理です。
においと埃の蓄積がすごく、お客様では整理が困難であるということで、ご依頼を頂きました。そのため、現金や通帳といった貴重品を捜索しながらの整理となります。

 

整理は高層階からの荷卸しになりますので、廊下からエレベーター、処分品の仮置き場までを養生し、他の方々のご迷惑にならないよう出来うる限り配慮させていただきました。

 

こちらが、整理前の写真になります。

 

 

玄関を開けた先の廊下から各お部屋までの床には、食べ物の空き容器や、様々なゴミが散乱し、それぞれのお部屋から浴槽にいたるまで多くの物がありました。

 

そのため、我々で分別を行った後、、札幌市環境事業公社へ一般廃棄物の収集運搬を依頼し、その場で処分してしまうことに致しました。

 

こちらが、整理後の写真になります。今回も清掃を含んだご依頼ではなかったため、床やキッチン周りの汚れはそのままに、残置物の整理のみとなっております。

 

 

 

 

換気も行いながら作業をしていたため、においも薄れ室内もきれいになりました。もちろん、お部屋の清掃も行っておりますので、お見積りのご連絡の際、お気軽にお申し付けください。担当スタッフが真摯に対応させていただきます。

 

この度は、数ある業者の中から遺品整理まごころにお任せいただき、ありがとうございました。
このブログが、お客様と同じお悩みをかかえている方の手助けになると思います。

https://ihinseiri-magokoro.net/

札幌市内、お父様の遺品整理

遺品整理まごころの相澤です。
ブログの更新が滞ってしまって申し訳ありません。
にもかかわらず、ホームページからのお問い合わせを頂いたお客様もいらして下さることには感謝の念に堪えません。

営業は通常通りしておりますので、
お見積もりのご依頼からお気軽に
お問い合わせください。

 

今回はホームページからお問い合わせ頂きましたお客様の中から一件、ご紹介させていただきたいと思います。

 

□お父様の遺品整理のご依頼□

 

物作りが趣味なお父様でしたが、
その素材や制作物によりお部屋が埋まってしまい、お客様自身での整理が困難であったため、ご依頼を頂きました。
お庭の鉢植えなども整理してほしいとのことでしたので、お部屋と合わせ整理させていただきました。

 

 

こちらが残置物の搬出前のお部屋の写真になります。
衣類などもございますが、特に目を引くのがお父様が制作されたもの。
出来が素晴らしく搬出してしまうのがもったいなく感じますが、パーツ毎に分解して搬出しました。

 

お部屋は一見物量が多く感じますが、
実際には大きなものが多く分解しなければならないものが多い印象でした。

確かに一つ一つ分解するのはお客様自身で行うには時間がとてもかかってしまうと思いますが、私どもは日頃から行っている作業ですのでスムーズに行うことができました。

そして、こちらが搬出後のお部屋の写真になります。

 

 

今回のお部屋はその後建物自体を解体するそうで、清掃などは行わなくても良い、ということになっため、これで作業は終了となります。

 

もちろん、屋内の清掃もおこなっております。最初の方にも書かせていただきましたが、先ずはお見積もりからお気軽にご連絡ください。

 

この度は、数ある業者の中から遺品整理まごころにお任せいただき、ありがとうございました。
このブログが、お客様と同じお悩みをかかえている方の手助けになると思います。

 

https://ihinseiri-magokoro.net/

札幌市内、お母さまの遺品整理のご依頼

こんにちは、遺品整理まごころの山元です。
 
今回は、遺品整理の案件をご紹介します。
今回のお客様は、お母さまがお亡くなりになり、ご遺品の整理ができずにお困りとのことでした。
お部屋の中は物の密度が高かったですが、家財やお風呂、トイレも定期的に掃除をしている形跡があり、綺麗なお部屋でした。
 
こちらが作業前のお部屋の中の様子です。
 


 
お部屋は立地的には窓から家財を搬出することができなかったため、すべて階段で搬出いたしました。
ぱっと見るとそれほど家財は多くないように思いますが、すべて階段で搬出するのはかなりの重労働です。
体力勝負ではありますが、貴重品の捜索はしっかりやらせていただきました。
 
こちらが家財整理完了後のお部屋の様子です。
 

 
今回は、ハウスクリーニングはせずに、家財整理と簡易清掃のみで対応いたしました。
 
写真に写っている残置物は、我々が貴重品として捜索したお品です。
レンタル機器や現金、印鑑、換金性の高いものは、このように貴重品として扱い、お部屋の引き渡し時にご依頼者様にお渡ししておりますのでご安心してお任せください。
 
整理終了後にお部屋の様子を見たお客様は、「この部屋ってこんなに広かったんだ」とおっしゃっていました。
家財がある状態に慣れてしまうと、家財整理した後には本当にお部屋の中が広く感じたりします。
弊社では、全てを片付けることはせずとも、お部屋の中の不要な家具をなくすだけでもお部屋が広くなったりしますので、遺品整理だけではなく不用品の家財整理だけでも対応いたしますので、お気軽にご相談いただければと思います。
 
最後に、お客様からいただいたアンケートを掲載させていただきます。
 

 
この度は、数ある業者の中から遺品整理まごころにお任せいただき、ありがとうございました。
このブログが、お客様と同じお悩みをかかえている方の手助けになると思います。
 
https://ihinseiri-magokoro.net/