札幌市内の汚部屋片付け(水害被害)

こんにちは、遺品整理まごころの山元です。
 
今回は特殊清掃ではありませんが、汚部屋の家財整理についてご紹介いたします。
本ブログの画像は、あまり気持ちの良いものではないと思いますので、気になさる方は戻るボタンから他のブログをご覧ください。
 
今回の内容は、トイレの汚水が漏れてしまい部屋中汚水で汚染されてしまったお部屋の片づけです。
こういった現場は、内装のリフォーム業者だけではなく、多くの同業他社でも断られることが多いと耳にしますが、遺品整理まごころは対応できます。
同業他社に断られてしまった現場でも諦めずに当社にご連絡ください
 
まずは、作業前の現場の様子です。
 


 
お部屋の中には大量のハエが飛び交い、とても強烈な排泄物の匂いが立ち込めておりました。
部屋中に排泄物が散らばってしまい、一般の方ならお部屋の中に入ることもできないと思います。
匂いくらいなら。。。と思う方もいるかもしれませんが、お部屋中排泄物で汚染されたお部屋の中は、様々な菌がいますので普通に入るだけでも大変危険なことですのでプロに任せることをお勧めいたします。
事件現場特殊清掃士としては、特殊清掃まで一貫して行いたい案件ではありましたが、今回は家財整理のみの対応となります。
 
さて、このお部屋の家財を搬出する際、通常の作業を行った場合どうなるでしょうか。
ここは賃貸アパートの一室なので、廊下やエレベータを使った場合、排泄物がさらに広がり匂いと雑菌を共用部分にまで拡散させてしまうことになります。
エレベータや廊下に匂いが広がれば、近隣の住民の方から当然苦情がきますし、その広い空間の消臭作業を行うことになると思うと想像しただけでゾッとします。
今回は立地条件的にロープを使うことができたので窓から搬出することができました。
ただし、ここは3階なので窓から落として下でキャッチなんていう原始的な作業をすれば、匂いを拡散させたり怪我をする恐れがありますのでそういったことは致しません。
安全を確保しつつ、少しずつ少しずつ家財を搬出していき作業を完了しました。
 
家財整理後のお部屋の中の様子はこちらです。
 

 
いやー、気になります!大変気になります!
本当に掃除をしたくてウズウズしてしまいます。
ですが、それは私個人の感情なのでここは我慢です。
 
このように水害被害にあってしまった場合、お客様の精神的ダメージは計り知れないと思います。
大切な家財は汚れるわ、引っ越し先を探さなくてはいけないわといろいろ忙しくご自身で片付けをすることは相当な負担になりますので、遺品整理まごころにご相談ください。
遺品整理まごころの事件現場特殊清掃士が、まごころ込めて対応いたします!

http://ihinseiri-magokoro.net/

札幌市白石区の家財整理(生前整理)

こんにちは。遺品整理まごころの山元です。

今回は、札幌市白石区で冬に作業させていただいた家財整理(生前整理)の案件をご紹介いたします。
お客様の不用品は、大きな家具が数点の内容でしたが、家具を搬入する際、階段では上がらずに2階の窓から搬入したとの情報をいただいておりました。

 

こちらはお見積り時のお写真ですが、家具内に入っているものはお客様が整理するとのことで、今回は搬出作業のみとなります。
大きな家具が数点だけとはいえ、家に傷をつけるわけにはいきませんので、窓をしっかりと養生して作業をさせていただきました。

2階から、ゆっくりと家に傷をつけずに搬出いたしました。
今回はそれほど難しい内容ではありませんでしたが、遺品整理まごころでは2階の窓からしか出ない家具も搬出できるというご案内でした。

不要な家具が無くなり、家の中もすっきり。
お客様も笑顔で喜んでいただけました。

最後に、ブログへの掲載を快く許可いただきありがとうございました。
またお困りなことがございましたら、遺品整理まごころがお手伝いいたします。

消臭作業

こんにちは。
遺品整理まごころの山元です。

皆さまは、臭いについてお悩みはございませんか?
例えば、たばこのヤニの臭いやペットの臭い、灯油漏れの臭いなど、通常の清掃作業では落としきれない臭いです。
「遺品整理業者が消臭?」という疑問もあるかもしれませんが、実は遺品整理と消臭作業には深い関係性があります。
そこで今回は、遺品整理まごころの消臭作業についてご説明したいと思います。

遺品整理まごころでは、オゾンショックトリートメント法という消臭方法を採用しております。
名前だけ聞くと「?」となりますよね?オゾンショックトリートメント法は、孤独死現場でも多くの業者が採用している消臭方法です。

孤独死現場と消臭について、通常の生活をしている方にはピンとこないかもしれませんが、孤独死現場には「死臭」と呼ばれる臭いが充満してしまいます。
この死臭ですが、通常の清掃作業ではとうてい落とすことのできない臭いで、人によって個人差はありますが、1週間まともにごはんを食べられなくなる方もいるほど強烈な臭いです。
その死臭すらも消臭してしまうのが、オゾンショックトリートメント法なのです。
つまり、遺品整理のご依頼を受ける際、消臭の作業をご依頼を受けることがあるのです。
そのため、遺品整理業者は消臭の技術を磨く必要があります。

では、オゾンショックトリートメント法での消臭の仕組みをご説明いたします。
皆さまは「オゾン」という言葉を聞いたことがあると思います。そうです、地上のはるか上空で紫外線をカットしているあの「オゾン層」のオゾンです。
オゾンは、酸素原子が3つ結合している物質で、非常に酸化作用が強い物質です。この酸化作用を利用して空間を消臭していくのです。
ただし、オゾンは消臭に活躍しますが、同時に高濃度のオゾンは人体に有毒です。さらに、強い酸化作用により金属やゴムなどの腐食を進めてしまう危険性もあります。
そのため、オゾンショックトリートメント法での消臭作業は、我々作業員だけでなく、周囲の状況を考えて作業する必要があるのです。
最初に「有毒」と言ってしまったので、不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。
オゾンショックトリートメント法は、部屋を密封した状態で作業をいたします。そのため、高濃度のオゾンが漏れて人体に影響を与える可能性は極めて低いです。
消臭作業をするには、第三者の配慮は必ず必要となるのです。

ではもう少し話をすすめていきましょう。
ここまでオゾンについてご説明しましたが、空気中のオゾン濃度はかなり低いです。ではどうやってオゾンを発生させるのかというと、この「パンサーJ」を利用します。
「パンサーJ」は世界最高峰と呼ばれるオゾン発生装置の一つで、一時間に7,500㎎オゾンを生成してくれる非常に優秀な消臭器です。

この「パンサーJ」ですが、オゾンという特殊な物質を生成するものなので、高額の消臭器です。
そのため、こういった高性能の消臭器を所有している遺品整理業者は多くありません。
そして、オゾンショックトリートメント法の消臭をするには、オゾン発生装置だけではできません。

お部屋の消臭作業をするために一番大切なのは、清掃作業なのです。この清掃作業無しでは、どんなに高性能で高額の機械を使用しても消臭はできないのです。
消臭は、まず臭いの元となるものを処分、あるいは清掃する必要があります。
この清掃については、私もまだまだ勉強中なので、偉そうなことは言えませんが、私の尊敬する遺品整理士の先生の元で今なお修行中です。
あえて私は自身を修行中と言いますので、料金についても今の段階で適正な料金の請求はできないと考えております。
何を伝えたいかと申しますと、もし私どもに消臭の作業をご依頼いただける場合、今なら低料金で作業をさせていただきたいと考えております。
当然、「今は」ということです。前述のとおり私どもは日々消臭作業の清掃を勉強しています。自分で納得できる作業ができるようになれば、適正な料金をご請求するつもりです。

修行中とは申しますが、全くの素人ではありません。当然消臭作業の実績もございます。ですが、自分が納得できる技術を身に付けるまではということです。
今回申し上げている消臭作業は、孤独死現場の消臭に限りません。ペットの臭いや灯油の臭い、火災現場での臭いが気になる方もお気軽にご相談ください。
当然、お見積りは無料で対応いたします。
ご相談いただくのであれば今がチャンスだと思います。相見積もりでも結構ですので一度遺品整理まごころにご連絡いただければと思います。

長くなりましたが、今回は消臭作業についてご説明いたしました。
遺品整理まごころでは、日々技術の向上を図り努力しておりますのでご検討いただければ幸いです。
お客様に選ばれ、喜ばれる仕事ができるよう日々精進してまいります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

http://ihinseiri-magokoro.net/

生前整理

遺品整理まごころの山元です。
久しぶりの更新です。

今年もクリスマスが終わり残りわずかとなりました。
忘年会のシーズンとなり、お忙しい方は毎晩のように忘年会に誘われているのではないでしょうか。
私も先日、同業他社の方たちの忘年会に呼んでいただき、楽しく会食することができました。
遺品整理まごころでは、遺品整理士認定協会に優良企業として登録している同業他社や、遺品整理士たちと交流し日々情報交換をしております。
また、遺品整理士認定協会からお仕事の紹介をいただいたりと、皆さまのお助けがあり今年は多忙ではありますが大変充実した仕事ができました。本当にありがとうございます。

さて、今年最後のブログ更新となりますが、どうかお付き合いいただけたらと思います。

今回ご紹介する案件は、普段からお世話になっている介護施設にご入居されている方の生前整理案件です。
お見積り時にお伺いすると、物が多すぎて困っているということだったのですが、我々はなれていますので大丈夫ですとお伝えしました。
作業前のお部屋の状況はこちらです。

今回は生前整理だったので貴重品はすでにお客様がお持ちになったということでした。
しかし、この現場のように、生活感のある現場ではお客様が貴重品を見落としている可能性が高いです。
そのため、お客様が(手間がかかるから)見なくて良いと仰る個所もプロとして一切手を抜かず、貴重品の捜索が必要だと我々は考えております。
洋服のポケットの中や、お客様が仕分け終わった黄色い袋の中にも貴重品が含まれていないかを確認するのが遺品整理士なのです。(プライバシー的な事がご心配な場合は、無理に捜索はいたしませんのでお申し付けください)
また、介護施設はご高齢の方が数多くご入居されております。そのため、家財を搬出する際も細心の注意が必要となります。
作業に慣れていない業者の場合、思ったよりも作業に時間がかかったから追加で請求。。。ということにもなりかねませんのでご注意ください。
さらにマンションや介護施設での案件は、養生が必要な場合がほとんどです。しかしながら、一部の不用品回収業者は養生もせずに無理やり作業することもあると耳にします。
養生が必要な現場で養生をせずに作業すると、当然共用部分の破損のリスクが発生します。
そのため、作業をご依頼する場合は養生をしっかりすることができる業者をお選びいただくことをお勧めいたします。
話が少しずれてしまいましたので話を戻します。
しっかりと養生をし、貴重品の捜索をしながら今回の案件もお約束の時間に終わらせることができました。
作業完了後のお部屋の状況がこちらです。

そして、捜索した貴重品がこちらです。

今回は現金や古銭、ご遺品、切手やはがきなどの貴重品を捜索いたしました。
未使用のはがきや切手ですが、意外と実用性があるのですが実は知らない方が多いお品です。
切手は当然我々も買い取ることが可能です。
はがきも買い取りが可能ですが、郵便局へ持ち込むと手数料は発生するようですが新たなはがきや切手に交換できるようです。

遺品整理まごころでは、このように作業中見つけた貴重品を必ずお客様にお返ししております。
当然、貴重品の中には買取できる商品も多数ございます。
お客様がご不要なお品は我々が買取することも可能ですので、ご相談ください。

最後に、この度ブログへの掲載をお許しいただいたお客様本当にありがとうございました。
この情報が、お客様と同じお悩みをかかえている方の手助けになると思います。
(そして掲載が遅くなり申し訳ございません)
今年も残りわずかとなりましたが、お体にお気を付けてお過ごしください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
来年も遺品整理まごころをよろしくお願いいたします。

http://ihinseiri-magokoro.net/