江別市での遺品整理案件とご遺品の寄付

こんにちは、遺品整理まごころの山元です。
 
今回は遺品整理士認定協会から紹介いただいた、江別市の遺品整理案件についてご紹介いたします。
お見積りのご連絡をいただいた時に、「まだ使えるものは寄付をしたい」というご要望を伺っておりました。
遺品整理まごころでは、ご遺品の寄付は承っておりませんでしたが、今回はお客様の強いご要望によりなんとかお応えしたいと思いました。
 
お見積りは2社の相見積もりでしたが、当社に決めていただきました。
我々が貴重品として扱うものの他に、昔のビデオテープの捜索も依頼されておりました。
作業前のお部屋の様子がこちらです。
 


 
一つ一つの家具の中の小物の密度がかなり多く、そして寄付できるご遺品を捜索しながらの作業となりました。
お客様が寄付をご希望だったお品は、扇風機や新品の布団、布団カバーなどがあり、先にお客様にて仕分けをしていただいておりました。
しかし、我々が整理すると、さらに未開封のティッシュやサランラップなどの日用品がごろごろでてきました。
今回はお客様が寄付を希望したお品に含め、我々が探索したお品も寄付させていただくこととなりました。
 
家財整理と簡易清掃を終わらせたお部屋の様子がこちらです。
 

 
そして、こちらが寄付したお品の一部です。
 

 
今回はホームレス予備軍の方などの自立支援を行っている札幌市北区の「希望寮」様に使えるお品を寄付いたしました。
ご担当の方に寄付するお品をお渡ししたところ、大変喜んでいただけました。
お客様のご要望に約束通り応えることができ、自立を目指す方たちの手助けができたこと、私どもも大変うれしく思います。
これからも、お客様のご要望にお応えできるよう遺品整理まごころでは尽力していきたいと思います。
 
最後になりますが、今回もたくさんの貴重品が出てきました。
貴金属や現金、通帳の他、探索をご依頼いただいたビデオテープも無事に見つけることができました。
さらに、1通の手紙が出てきたのでお客様にお渡ししたところ、大変喜んでいただきその手紙をお読みになっているお客様の目に涙がこぼれていました。
そして一言、「この手紙を探していただきありがとうございました」とおっしゃりました。
正しい仕事をしているだけで、お客様に泣いて喜んでいただける仕事はそれほど多くないと思います。
遺品整理士として、当たり前の仕事をしているだけで今回のように大変喜んでいただける仕事につけたことを誇りに思う次第です。
遺品整理士は、故人様とご遺族様の想いを繋ぐ架け橋になれるのだと確信することができました。
そして今回の遺品整理案件は、私個人にとって印象深い案件となりました。
今回の案件のアンケートがこちらです。
 

 
お客様にはアンケートにお応えいただき、ブログの掲載も快く了承していただきましたこと、この場で御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
このブログが、きっとお困りの方を助けるきっかけになると思います。
 
丁寧に遺品整理をする業者をお探しの方は是非ご連絡ください。
遺品整理まごころの遺品整理士が、まごころこめて対応いたします。
 
http://ihinseiri-magokoro.net/

自殺を検討している方へ

こんにちは、遺品整理まごころの山元です。
 
今回は少しシリアスなお話しをさせていただきたいと思います。
表題の通り、「自殺を検討している」方がもしもいるのであれば、一度このブログを読んでいただければと思います。
まずは、遺品整理士、並びに事件現場特殊清掃士として思うことを記載していきます。
当社にも不幸にも自殺でお亡くなりになったお部屋の片づけを依頼されることがありますが、本当に悲しい現場になります。
 
お風呂で亡くなれば真っ黒い水が湯舟にはられたまま残されておりご遺体の一部が底に沈んでいたり、首を吊れば排泄物や体液が下にあるものに付着して大変なことになっていたり、どちらにしても長時間放置されれば部屋の中にある物すべてに死臭と呼ばれる匂いが染みついてしまいます。
一般的な生活をしている人には見ることも、入ることもできない状況になっていることが多いです。
 
さらに、もしも賃貸の部屋で自殺してしまった場合、基本的には我々のような事件現場特集清掃士が清掃し、次に人が住めるまでの原状回復をしていきます。
ですが、この特殊清掃という仕事は安い仕事ではありません。
まずは体液などが付着した物を搬出し、ハウスクリーニング後に消臭剤散布、オゾン脱臭と多くの工程で消臭作業を行います。
当然ですが、人件費だけではなく危険作業料金などの料金が発生する可能性がございますし、時間も数日から数週間かかる場合もあり安い金額で施工できるような状態ではありません。
特殊清掃作業料金以外にも、放置された期間の家賃やリフォーム費用、損害賠償などを合わせると、百万円を超える場合も珍しくありませんので、かなり高額な現状回復費用が必要となります。
 
一般的な方には簡単に支払いができる額ではないと思いますが、この原状回復費用は、誰が負担すると思いますか?
基本的には、部屋を借りる時に連帯保証人となっている方やご遺族がこの費用を負担することになります。
では、これをご自身に置き換えて考えていただきたいです。
 
「大切な方が自殺したという事実」と、「数百万円の請求」が同時にご遺族様や連絡保証人の方にのしかかります。
普通の精神の方ならとても前向きに考えることができない状態です。
もしも私が一般的な仕事をしている身で、自分がこの状況におかれた場合、それこそ自殺を考えているかもしれません。
 
そして自殺の方法にもよりますが、ご遺体が綺麗な状態で残るとは限りません。
自殺をしてしまった方の葬式では、ご遺体を見れる状況ではなくなっていることも多いと聞いたことがあります。
何よりも残された方にもやりきれない気持ちが残ると思います。
「なぜこんなことをしてしまったのか。。。」、「なぜ自分に相談してくれなかったのか。。。」
そう仰り私の目の前で泣き崩れてしまうご遺族様もいらっしゃいます。
そして、現場の状況もありますが、大切な方が自殺したショックのあまり、お部屋の中に入ることができないご遺族様がほとんどかと思います。
そのようなご遺族様とお会いする度に、本当にどうしようもない気持ちでいっぱいになります。
 
一応ですが、独身時代は私も自殺を検討したことは何度かあります。
人間関係や恋愛関係や仕事関係やお金関係。。。。
その時は死にたいくらい辛い気持ちがありましたが、生きていれば何とかなっています。
人間、大きな問題が一気に起きるとキャパシティを超えてしまい、死にたいと思うんだと思います。
しかし、一つ一つ問題を解決していけば、以外と簡単に問題が解決したりするものです。
そして問題を解決するきっかけは、そこらじゅうに転がっていると思います。
それは時間かもしれませんし、人かもしれません。
それが教訓となり、「どうしようもないことはない」と前向きに考えられるようになっていると思います。
 
ちょっとダークな発言をしてしまったので一応ですが、今は何があっても自殺はできないと思っています。
私には奥さんも子供も仲間もいます。
私は大切な人がいる人は、間違っても自殺はできないと思います。
大切な人とは今現在の自分の周りの人だけではありません。
例えば私の子供たちは、もしも私が独身時代に自殺をしていた場合、彼らの人生は始まることも無かったんだと思うと自殺しないで良かったと本気で思います。
あなたにとって本当に大切な人は未来にいる可能性も十分に考えられます。
そして、何より自殺を検討しているあなたは、「誰かにとって大切な人」ではないでしょうか。
頑張る必要はありませんが、その人たちのために「生きて」いただければと思います。
 
話は変わりますが、以前あった殺人事件で自殺願望者とSNS上で接触し、複数の男女を殺害するという事件がありましたが、この時の犯人が「本当に死ぬ気がある人はいなかった」と話しています。
この時の被害者の方たちも一時的に「自殺がしたい」なんて考えなければ事件に巻き込まれることもなかったと思うのです。
「前向きに生きましょう」なんてことは言いませんが、自殺願望自体が本当の不幸につながることもあるので、考えないのが一番だと個人的には思っています。
ですが、考えないということは、考えると同じだったりするので、誰かに言いたいときには素人ではなく専門の窓口に相談するのも良いかもしれません。
 
一般社団法人社会的包摂サポートセンター様
 
問題は誰かに相談しても解決するものではありませんが、気休めにはなると思います。
そして、相談をする方の多くはすでに解決策を理解している人が多いと思います。
その解決策を他人に肯定してもらうことは、自信につながるので相談してみてはいかがでしょうか?
 
あと、私を知っている人からすればネタかと思うかもしれませんが、私は結構真面目に松岡修造さんを尊敬していたりします。
なんていうか、彼の本気で生きるというメッセージが辛い時に突き刺さっておりまして、今でも何かあれば松岡修造さんの動画を見て元気をもらったりしています。
最初は熱いおっさんだな程度でしたが、彼の言葉一つ一つをちゃんと聞くと本当に元気になったりします。
あとは、辛い時には下記のような言葉を読むようにしています。
 
「あなたが虚しく生きた今日は昨日死んでいった者があれほど生きたいと願った明日」
 
こちらは韓国で160万部の大ヒットした小説「カシコギ」に出てくる言葉のようです。(私は読んではいませんが)
この言葉を初めて目にしたときに、本当にその通りだなと思いました。
「死にたくない」と最後まで願いながらお亡くなりになる方はたくさんいると思います。
そう考えると、その人たちの分も一所懸命に生きていこうと思える言葉です。
 
「明日死ぬかのように生きなさい。永遠に生きるかのように学びなさい。」
 
こちらはガンジーの有名な言葉ですね。
一所懸命に今を生きて、成長し続けなさいという意図をくみ取れます。
真に強い人であれば無意識にできると思いますが、私は弱い人間なので迷ったときにこういった言葉を見るようにしています。
他にもいろいろありますが、ブログの趣旨がずれてしまっているのでこの辺にしておこうと思います。
 
最後の方は完全に私の主観の内容なのですが、とある現場でいろいろと思うことがあったのでブログに記載しました。
自殺は本人も回りの人も誰も幸せにならない、というか全員が不幸になると思います。
人間である以上いつかは死にますが、私はどんなにつらいことがあっても自殺という最後を選択することはせずに、もがいて生きていこうと思います。
そして自殺を検討されている方も、「死ぬ気になればなんでもできる」と気持ちを切り替えていただければと思います。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
http://ihinseiri-magokoro.net/

遺品整理まごころの見積もりと志

こんにちは。遺品整理まごころの山元です。

今回は、遺品整理をご依頼される場合の相見積もりについて記載したいと思います。
相見積もりとは、我々の他の遺品整理業者とお見積りを取り、料金と作業内容などを比較することです。
遺品整理まごころでは、ご依頼をする前に何社かの相見積もりをすることをお勧めしております。

ちなみに、私には相見積もりの際に絶対に守っているプライドがあります。
そのプライドは、他社の作業料金がいくらだったのかを”先に”聞かないことです。
なぜ私がこれをあえて書くのかというと、実際に相見積もりをした場合に他社の作業料金をしつこく聞いてくる業者がいるようなのです。
他社の金額を先に聞くということは、当然見積もりが有利になります。
詳しくご説明いたします。

相見積もりの際、お客様が他社の料金を先に業者に伝えるとどうなるか想像してみてください。
「もっと安く作業ができるけど、他社が○○円ならうちが少し安くすれば成約できるな」とか、「思ったより他社が安いけど、他社を貶して成約しよう」とかいろいろ考えることができますよね?
ということは、お客様の足元を見て料金を決めていることになります。そして、この程度の見積もりであれば誰でもできます。というか、もはや見積もりですらないと思います。
私が考える見積もりとは、「現場の物量や立地条件を把握して作業料金をお客様にご提示すること」です。
つまり、本来他社の作業料金がいくらかは、見積もりをする際には全く必要のない情報なのです。
「安ければ安い方が良い」という考え方もありますが、私は遺品整理や特殊清掃でこの考えを適用することはお勧めいたしません。
なぜなら、遺品整理は「家電製品(同じ物)をA店とB店のどちらで購入するか」と考えるのとは異なるからです。
遺品整理は全く同じ現場が存在しないため、オーダーメイドのサービスだと私は考えております。
だからこそ相場というものが存在せず、お客様が困惑することも承知しております。
ですが、今一度考えていただきたいのです。
「他社の料金を比較して自社の料金を決める業者」は、私から言わせていただくとプロ意識の低い業者だと思うのです。
そんなプロ意識の低い業者に、大切な方の遺品整理を任せても大丈夫なのかということです。

遺品整理の業界は、志の高い業者だけではないのです。過去には、ご遺品の盗難やご遺品の不法投棄も発生しております。
少なくとも、私の尊敬している遺品整理士で、他社の料金を気にして自社のサービスを安売りするような人は存在しません。
遺品整理まごころでは、お見積りからお引渡しまでプロとして対応したいと考えております。

このように記載すると作業料金が高額と思われますが、私が自社の見積もり金額を提示した”後に”他社の料金を聞くと実際のところ他社よりも安いことが多かったりします。
案件によって10万円近く弊社が安かった案件もありますし、「少しだけ高いけどまごころにお願いしたい」と言われることもあります。
とにかく安い業者を利用されたい場合は、不用品回収の業者が良いかもしれませんが、法に従いしっかりと”遺品整理”をご希望のお客様は弊社にご連絡ください。
遺品整理まごころは、正々堂々とお見積りをさせていただき、作業料金をご提示いたします。
その料金が高いか安いかをご判断いただき、弊社のご利用をご検討いただければと思います。
札幌市内はもちろん、札幌近郊のお客様であればお見積り料金や出張料金はかかりませんので、お気軽にお問合せいただければと思います。
そして、もし弊社を利用にならない場合にも、しつこく営業することはございませんのでご安心ください。
遺品整理まごころは、最初から最後までプロの遺品整理士としてお客様に選ばれる業者を目指しております。

話は変わりますが、遺品整理士認定協会から新たに「不用品回収健全化指導員」という資格を出したようなので早速受講しようと思います。
資料をざっくりと読むと、遺品整理を隠れ蓑にして悪質な不用品回収をしている業者を取り締まる(?)ようなものです。
こちらは勉強してみて、またブログにアップしたいと考えております。
私の尊敬する遺品整理士は皆、勉強熱心な方ばかりですので、私もその方たちと共に業界健全化を図るメンバーの一員になれるよう日々昇進していきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

http://ihinseiri-magokoro.net/

札幌市での遺品整理案件

こんにちは。遺品整理まごころの山元です。

久しぶりに現場作業の投稿です。
今回は札幌市でご依頼を受けた遺品整理についてご紹介したいと思います。

お見積りの段階で、物が多くて困っているというお客様でした。
いつものことですが、このように生活感のあるお部屋は、貴重品の捜索に気合が入ります。
物が多いので、細かく選別して貴重品を確実に見つけなければいけません

ところで、こちらのお部屋の中にあるお人形ですが、我々は海外に輸出することができます。
しかし、輸出ができない業者であればどうなるでしょうか?当然、ごみとして捨てられてしまう場合がほとんどでしょう。
お人形を捨てるのは忍びないから。。。ということで、お焚き上げをした場合、玉串料がかかります。
ご依頼者様にとって、特別な理由がある場合にはお焚き上げしていただく必要があると思います。
しかし、特別な理由がない場合は我々のような海外輸出ができる遺品整理業者にご依頼いただければこちらのお人形も海外で使いたい方の手に渡っていくのです。
そして、我々が海外輸出しているのはお人形だけではありません。
食器や雑貨など、ご遺品を整理していると、日本では売れないけれどもまだまだ使えるものが大量に出てきます。
こちらの画像をご覧ください。

これらの雑貨は、画像のように梱包され昨年の段階ですでにフィリピンに海外輸出しております。
今現在、使いたい方の手に渡りすでに使われている商品もあるかもしれません。
こういった雑貨ひとつひとつも、海外輸出をしていない業者が整理した場合の多くは、すべてごみとなっているのです。
弊社のトップページでもご紹介しておりますが、世界的にみても日本のごみ問題は深刻です。
我々の活動は世界的に見ればちっぽけなものでしょう。しかし、目の前にしてこのご遺品を見たときに私にはちっぽけだとは思えないのです。
この画像の雑貨は、故人様が使っていたまぎれもないご遺品なのです。そのすべてをごみとして扱うとなると悲しくなってくるのです。
海外輸出は時間と労力に対し、大きな利益は生みません。月単位で見れば海外輸出は赤字の月もあります。しかし、我々遺品整理まごころでは、可能な限りこの海外輸出を続けていきたいと考えています。
遺品整理まごころにご依頼いただくお客様の多くの方は、海外輸出をしている業者を探していたと仰います。
今回のお客様も遺品整理まごころをお選びいただいた理由を伺うと、海外輸出を行っている会社を探していたということで、海外輸出を続けていて良かったと本当に励みになっております。

さて、話がそれてしまったので、現場の話に戻します。
こちらが作業が完了したお部屋の様子です。

家財整理を完了させ、簡易清掃で今回はお引渡しです。
そして、こちらが今回捜索した貴重品です。

今回は、現金や通帳、印鑑、鍵を見つけてお客様にお返しすることができました。
お客様にも大変喜んでいただきました。

今回のお客様もブログ記載に快くご了承いただき、「応援しています」という我々としては大変ありがたいお言葉までいただくことができました。
お客様にはブログ掲載を許可いただきましたこと、この場で御礼申し上げます。
この情報がお客様と同じお悩みをかかえている方の手助けになると思います。本当にありがとうございました。
遺品整理まごころでは、これからも海外輸出を通しご遺品の橋渡しができる業者として活動していきたいと思います。

最後まで本ブログをお読みいただき、ありがとうございました。
遺品整理まごころの想いが少しでもお読みいただいた方に伝われば幸いでございます。

http://ihinseiri-magokoro.net/

遺品整理士山元の想いとアンケート

こんにちは。遺品整理まごころの山元です。

最近、お客様に「山元さんはなぜ遺品整理士になったのですか?」と良く聞かれるようになりました。
せっかくなので、私が遺品整理士になったきっかけをご紹介したいと思います。

私がリサイクル業界に入ったのは約4年ほど前だったのですが、当時は遺品整理という言葉が今ほど世間に浸透していなかったと思います。
私はリサイクルショップで働いていたのですが、悪質な不用品業者の噂を良く耳にしていました。
例えば、軽トラックでアナウンスを流し、無料回収を謳っている業者が高額請求したり、不用品回収業者が不法投棄をしたり、見積り金額の数倍の金額を請求したり。。。
中にはまともにやっている業者も当然いたと思いますが、耳に入ってくるのはあまり良い噂ではありませんでした。
そこで考えたのは、「困っている方がいるのだから、まともにやればお客様を絶対に喜ばせられるのでは?」ということでした。
私は不用品回収について調べていき、その中で「遺品整理士」という資格を知りました。
そこで遺品整理士と事件現場特殊清掃士の資格を取得し、この業界の健全化を目指している遺品整理士に出会いました。その遺品整理士は、リライブル株式会社の鈴木社長です。
鈴木社長との出会いは、私の遺品整理士として活動していく中で一番の転機だったと思います。鈴木社長と出会ったことにより、マインドカンパニーの鷹田代表など多くの優秀な遺品整理士との出会いにつながりました。
今では鈴木社長の現場に呼んでいただいたりと、たくさんの優秀な遺品整理士の方たちと大変良い環境の中で仕事をしています。
今までお世話になった分、私自身が遺品整理士として成長しお客様に喜んでいただける仕事をすることが、お世話になった方たちへの恩返しであると考え、日々技術の向上を図っています。

すみません。。。少し熱く語ってしまいましたが、今回はアンケート用紙についてご紹介しようと思いブログを書き始めたのです。。。
最近、遺品整理まごころをご利用いただいたお客様から、「助かったからアンケートがあれば協力するよ」というお声を多くいただくようになりました。
弊社ではお客様アンケートを用意しておらず、お客様のせっかくのご厚意をお断りしておりました。
しかし今回、弊社をご利用いただいたお客様のリアルな声をたくさんの方に知っていただきたいと考え、お客様アンケートを開始することにいたしました。

今後、弊社をご利用のお客様の中で、アンケートにご協力いただける方にご記載をお願いしたいと思います。
当然、アンケート用紙に記入することが嫌な方もいらっしゃると思いますので、我々がアンケート用紙に無理に記載をお願いすることはございませんのでご安心ください。

遺品整理まごころとして遺品整理をはじめて2年目になり、お客様の満足度も上がってきていると感じておりますが、まだまだ改善するべき点も多いかと思います。
お客様からいただいた言葉を真摯に受け止め、日々サービス向上に努めていきたいと思いますので、よろしければアンケートにご協力いただければ幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

http://ihinseiri-magokoro.net/