札幌市 東区の遺品整理

皆様こんにちは!

遺品整理まごころの相澤です

今回はLINE査定よりお問い合わせ頂いたお客様の遺品整理となります

作業は一日を予定したおりましたが物量が想定より多くありましたのでお客様と相談の上二日に分け作業することとなりました

一日目はお客様が残しておきたい物や遺品買取を依頼された物など処分しない物をお客様と一緒に確認してもらうことから始まりました

 

家財や小物、貴重品などを一つ一つか確認していき他の不用品と間違わないように他スタッフにも周知、テープで目印をつけることで安全に作業を行う準備をしました

 

今回は捜索物などがなかったため、準備で振り分けをしたもの以外は基本的不用品ということになりますので不用品の種類ごとに分別を行い収納袋に入れて搬出していきます

 

一日目は4名での作業でしたので2名で分類、2名で搬出ということになりました

階段の勾配が急であったため、できる限り気を付けて搬出を行います

 

時々休憩を頂きながら作業を行い、午後には環境公社様が不用品の回収に来られたので引き取ってもらい残りは2日目のスムーズな搬出のために分類、収納袋への詰め込み作業を行います

 

時間になったら一日目が終了、お客様から二日目の作業のためカギをお預かりしました。今回は予定していなかった二日目の作業ではありましたがお客様が追加で不用品の処分などをご依頼されていない場合は基本的に2日目の料金はかかりません。そのあたりのことも初めにお客様に説明しご理解を頂いております。

 

作業二日目ですが、一日目に袋詰めした不用品を搬出することから始めました

一日目にほとんどの不用品は搬出しましたがそれでもまだ物量がありました。二日目は3名での作業になりましたので2名で分類、1名での搬出になります

 

二日目は一日目の分類が功を奏しスムーズに作業を進めていくことができました。一目の作業と内容は同じで搬出して時間になったら回収に来てもらうという流れです

 

不用品を回収してもらいお部屋の中が残すものだけになった後は、お客様からご依頼されたシンクと冷蔵庫の清掃です。シンクには錆がありすべてを落としきることはできませんでしたが弊社でできうる限り綺麗にさせていただきました

 

冷蔵庫も同様に綺麗に清掃していきます。その間に他のスタッフは作業時に不用品などから落下した埃などを掃き掃除していきます

 

今回はお部屋全体の拭き掃除や除菌依頼などがなかったため、ここまでの清掃作業となりますがお客様のご依頼によってはオゾン発生装置による除菌なども行えます

 

清掃が終わりましたらお客様に連絡をし立ち合いをしていただいてからお支払いをしていただきます。お客様も綺麗になったお部屋をご覧になられ満足していただけました。ここが作業を行っていて一番良い瞬間ですね

 

さていかがでしたでしょうか?

今回はLINEからお問い合わせをしていただいたお客様のお仕事でしたが、事前にお電話でいただくよりもスムーズにお見積もりなどご連絡を取ることができました。

 

LINEでの問い合わせの場合、お電話よりも簡単で必要な情報や写真を撮るだけで簡単なお見積もりを作成することも具体的なお見積もりをするためのスケジュール確認もメッセージを送るだけで済みます。

 

中には仕事で時間がなくなかなか電話することも難しいという方もいたっしゃると思いますので、その際は是非LINEでの簡単査定やお問い合わせをしてみてください。担当スタッフが丁寧に回答いたします

 

このブログが皆さんのお役に立てれば幸いです

札幌市 厚別での遺品整理

皆様こんにちは

遺品整理まごころの相澤です

 

札幌では市役所本庁にてインド型変異ウイルスに感染した疑いが職員3名に対して判明したとニュースになりました。どうやら調査の結果マスクをせずに来庁した方から感染したのではないか、との話でした。

 

そのニュースを見て思い出したのですが、確かに最近マスクをせずに往来している方を見かける頻度が多くなってきました。自身や周囲がコロナに感染したケースがないので油断しているのか、ワクチンが出てきたからなのか理由は定かではありませんが、ワクチンを打ったからといって100%感染しないこともありませんし、あくまで重篤化するリスクが減少するなどメリットがある程度である、ということだと思います。ですが、変異型はすれ違っただけで感染する、という話もありますので、自信を守るためにも大事な方を守るためにもマスクの着用はできる限りしましょう。最近は暑く湿度も高い札幌ではありますが、確かに息苦しいですが必要なことと考え行動しましょう。一人ひとりが行動することでより良い環境になると信じています。

 

さて、少し説教くさい感じにはなってしまいましたが今回のお仕事を紹介したいと思います。

 

人数 3名
作業時間 3日
間取り 一軒家

 

 


 こちらが居間の作業前の写真になります。ペットを飼われており、ケージなど関連する雑貨や生活用品が置かれています。こちらにはご家族の方がまだお住まいになられていますので、お客様に随時不要・必要の判断をしていただきながらの作業になりました。

 

そしてこちらがお片付けが終了した居間になります。必要なケージや雑貨などを残し、他の不用品をすべてお片付けさせていただきました。また、使われるものを他のお部屋に運ぶことでより居間が広々とした空間となりました。

 

 

こちらが1Fのお部屋のお片付け前の写真です。家電やソファなどの周辺に残置物が多くあり、足を差し込む隙間もあまりありませんでした。形のある大きな家具などを搬出するために入口から順次お片付けを開始します。

 

 

こちらが不要な物を片付けた後のお部屋になります。2Fにあったシェルフを搬入し使いやすいお部屋になりました。必要な物も段ボールに一まとめにすることでお部屋をよりカスタムしやすくなっております。この後、お客様が模様替えを行いたい、とこことでしたのでこのような状態にさせていただきました。

 

そしてこちらが一番物量があり、お客様も不要な物が多くあった2Fのお部屋です。本や資料が多くありました。皆様も雑誌などの紙束をまとめて持ったことは学校などで一度は経験がありと思います。そうです、それなりに重量があるのです。これをお客様おひとりで搬出するのはかなりの重労働。今回はスタッフ3名で搬出しましたが、特に労力を使った作業でした。

 

 

 

 

そしてこちらがお片付け完了後の写真です。棚にはお客様が必要な物しか残っておりません。床は掃き掃除後、拭き掃除を行い汚れを落としました。他にもお部屋はありますが、今回お片付けさせていただいたのは故人の方が使われていたお部屋や共通の居間だけであったため、こちらのお部屋で最後になります。

 

 

いかがでしたでしょうか。今回は写真を見ていただきながらのご紹介となりました。少しでもお役に立てたでしょうか。

 

私の実家も少し片づけをお願いした、といった生前整理から引っ越し前のお片付けなども承っております。LINEでの簡易お見積もりを始めましたので、ぜひそちらもご活用ください!

 

 

 

 

札幌市 北区での遺品整理

こんにちは、遺品整理まごころの相澤です

札幌でも順次コロナのワクチン接種の通知が送られるそうです。

皆様はワクチンを打つかどうか決められましたでしょうか。

私は以前呼吸器系の疾患を患ったこともあり、コロナにかかった場合のリスクよりもワクチンを接種した場合のリスクの方が低いと思ったので2回とも摂取しようと考えております。世間ではワクチンの副作用ばかり取り上げられておりますが、今一度自身の健康状態を鑑み、決めていただきたいと思います。

 

さて、それでは今回のお仕事紹介を行いたいと思います。

 

人数 2-3名
作業時間 6時間ほど
間取り 一軒家

 

今回の遺品整理業務は午前2名、午後から3名体制で挑みました。

すでにご依頼主様は不用品などの分類はお済とのことに加え、きちんと整理整頓を常日頃行っていたようで残置物が少なく容易に分類が可能でした。私も整理整頓を私生活でも常に行いたいものです。

 

午前中は分類・環境公社様へ依頼するためご自宅前の庭先にスペースをお借りしまとめて置かせていただきました。環境公社様はパッカー車で回収に来られるので、大きなものなどは分類し屋外に搬出した際に分解しパッカー車に積み込みやすくしておくことも忘れません。

 

この日はとても暑く、風もほとんどなかったため屋外での作業は水分をこまめにとり、休憩を随時はさみながら作業を行いました。皆様もこれからさらに暑くなります。水分補給や日陰などを歩くことで少しでも熱中症にならないよう予防していきましょう。ちなみに私は日よけに作業用の帽子をかぶっています。それでも暑いですが

 

傷などが少なく海外輸出が可能な家具は作業車に積み込み、他の不要と判断された家具は先述の通り分解し固めておきます。そうしてすべての残置物の搬出が終了したのが午後14時頃になります。屋外ではスタッフ1名が分解作業を行い、残り2名は屋内の簡易清掃を行いました。

 

分解作業は当然木くずなどが出てきてしまうため、下にブルーシートを敷き周りに飛び散らないように注意しながら行います。屋内の清掃はフローリング、和室の清掃と水回りの清掃を行いました。途中お客様も清掃風景をご覧になられ、綺麗になったことを喜んでいただけました。

 

こうして実際に喜んでいただけると私どももやりがいを感じられます。このコロナ禍で色々大変ではありますが、めげずにやっていこうと思います。

 

15時ごろには環境公社様が来られまとめておいた残置物を回収していもらいました。その際も路上に残置物の破片などがどうしても出てしまうため、最後に分解時にどうしても飛んでしまった破片などすべてを清掃を行い遺品整理は官僚となりました。

 

ご遺品の中から買取が可能な物が出てきましたので、お客様に買取をするか思い出の品として必要かを改めてお聞きしました。結局お客様は事前に必要な物は分類しているとのことで買取をさせていただきました。その場で買取をさせていただきましたが、遺品整理での料金から差し引きさせていただき、差額をお支払いいただきました。

 

一軒家での作業にしては今回は早めに終わりました。お客様が事前に整理を行っていたことも影響していますが、中には手を付けられないのですべて作業してほしい、とご依頼をしてくださる方もいらっしゃいます。どちらの場合でも差をつけることは当然ありません。困ったときは私共を頼っていただければと思います。

 

いかがでしたでしょうか

今回は一軒家での遺品整理でしたが半日で作業が完了しました。

場合によってはこのように半日やそれ以上に早く終わるケースもございますので、道外に現在お住いの方でも滞在中に作業を終わらせることもできる場合もあります。ですので、お気軽にご相談ください。

 

このブログが少しでも皆様のお役に立てれば幸いです

 

 

真駒内での遺品整理

皆様こんにちは

遺品整理まごころの相澤です

 

6月も残すところ1週間余りとなりましたが、気温はどんどんと上がっております。日焼け対策や熱中症の予防は皆様、きちんと行っているでしょうか?

私自身暑い中作業をすることもあり、適度に休憩をとりながら水分補給も行っております。これからどんどんと暑くなってきますので、より一層気を付けていきましょう。

 

札幌ではクマが出没しけが人もでました。

興味本位で近づくことなく、情報が出た段階でできうる限り近づかないようにしましょう。ヘヴィ級プロボクサーよりも強い力ですから人間では太刀打ちできません。十分気を付けましょう!

 

さて、今回は真駒内で遺品整理業務がございましたのでそのご紹介となります

 

人数 3名
作業時間 1日
間取り 3LDK 

 

今回はお部屋の写真を掲載させていただけるとのことでしたので、写真を交えて紹介したいと思います

 

 

 

    

 

こちらが整理前のお部屋の写真になります。

とても綺麗に住まわれており、一見して物量があるようには見えません。

きちんと整理されているためそう見えないだけで相当な物量がありました。

ですが、物用があったにもかかわらず全体を見てみれば1日で作業が終わりました。それも住まわれていた方が生前整理整頓をしていたためです。

私共の作業で一番時間がかかるのは以前もブログで書きましたが分類作業が一番時間がかかります。中には可燃性の危険物が他のものに混ざっている、なんてこともあるためです。この確認を怠ると回収してくださる環境公社様の車や施設が火事になってしまう恐れがあるからです。

ですので、このように整頓されているお部屋であれば物量があっても1日で作業が終わることがあります。

 

 

そしてこちらが整理後の写真になります。

家具などの裏はどのご家庭でもそうですが、埃が積もってしまっていますので清掃を行って終了となりました。輸出向けの家具なども買取をさせていただきましたので、遺品整理作業の料金から差し引きさせていただきました。

ご遺品の買取も作業をすすめ、分類を行っている際にチェックしながら行うため、見逃しもありません。

 

もちろん、お客様が思い出にと引き取られることも多くあり必ずしも売らなければならないということはございません。

あくまで、不要だと判断され我々が買取できるものをさせていただければと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

写真を掲載したのは久しぶりではありますが、やはり写真があると皆様もわかりやすいと思います。快く掲載許可をいただきましたこと、この場でも感謝いたします。

 

清掃もそうですが、コロナが心配だというお客様にも室内除菌を行うことも可能です。お気軽にご相談ください。

 

このブログが少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

札幌市 豊平区での遺品整理

皆様こんにちは

遺品整理まごころの相澤です

 

COVID-19の感染者数がここ最近急増しておりますね

そして本日5/9にからは札幌でまん延防止等重点措置が適用されました

飲食店や各商業施設もこの適用を受け、営業時間を短縮して対応しております

テレワークができる業種はそちらに重点を置き、営業していると思いますがあまり周りではテレワークが実施されている様子はありません

 

ですので、まだテレワークが可能な業種はできる限り移行していただきたいものです。私どものようにテレワークが困難な業種はできうる限り消毒やマスクなどの対策を行い仕事をしております。正直とても大変ではありますが、ここで頑張りどころでしょう。

感染者数が増えていますが、皆様は初期ほど緊張感をもって生活をしているでしょうか。ちらほらマスクをせず路上を歩いている方を見て、このような油断が感染者を増やしている一因なのではないと思います。

 

私も皆様も大変でしょうが少しでも感染者を少なくすべく、個々人できることをしましょう

 

さて、長くなりましたが今回は豊平区で行った遺品整理のお仕事を紹介したいと思います。

 

人数 3名  
時間 5時間ほど  
間取り ワンルーム  

 

私が紹介させていただく物件では初のワンルームになります

今回は遺品整理と清掃のご依頼でした

 

先ず最小に行ったのはご遺品の分類です。いつも行っていることではありますが今回は物量があり、また捜索物もあったためより細かく分類しながら一つ一つチェックしていかなければなりませんでした。

ですが、物量があった場合まずこの分類をする際に場所を確保できないということがあります。ですので、まとめる場所を確保するため、環境公社様の回収物の仮置き場を作ると並行して、形があるものを先に仮置き場へ運びだしました。

 

そうすることで、少しでもスペースを作り作業場所を確保することが可能です。

ワンルームではありますが、スタッフ3名がそれぞれ分担し、分類しながらご依頼のあったものを探していきます。封筒の中から鞄、上着の中なども見ていきます。空の封筒かと思えば必要な書類が中から一枚だけ出てきた、という話もよくありますので、時間は少しかかりますが注意して見ていきます。

 

今回のように物量が多い場合床が見えないことはあります。

ですので、気をつけなければご遺品を気づつけてしまうこともありますので捜索物が壊れ物であった場合はとても緊張しながら作業を行いますが、今回はそうではなかったため、清掃の時間も考えながら分類、搬出を繰り返します。

 

無事捜索物も見つかり、不用品と混ざらないよう一か所にまとめておきます。

そして清掃のお時間です。天井に張った蜘蛛の巣やほこりを除去し、キッチン、風呂場、室内を清掃していきます。次の方が使われるための清掃になりますので、できる限りの清掃を行っていきます。どうしても落ちない汚れは私どもではどうにもできないので、チェックをしていただいた際にお話をさせていただきました。例えば、配管の錆が移ったものやクロスの汚れなどがそれにあたります。

 

全てを清掃し終え、チェックが終了したら、今回の作業は終了になります。

 

ご依頼主様にも納得していただき、今回のお仕事も感謝していただきました。

ご依頼主様も大変でしょうが、こうして感謝されると頑張ってよかったと思えます。

 

いかがでしたでしょうか

今回はワンルームの整理と清掃でしたが、間取りが変わってもお仕事の内容は変わりません。ですので、もし不安なことなどがあれば気軽にご相談ください。

現在はLINEアカウントも開設しましたので、従来の方法に加えそちらからもお問い合わせいただけます。

 

このブログが少しでもお役に立てれば幸いです

タケヤフェア2018に行ってきました

こんにちは遺品整理まごころの山元です。
 
今回は、現場の内容ではなく清掃用品の展示会に行った時の内容を書いていこうと思います。
(大人の関係で写真は良くなさそうなので今回は文字だけにします、すみません)
遺品整理の業者として立ち上げたまごころですが、今はハウスクリーニングに力を入れており、社内ではハウスクリーニングの技術的な話ばかりしている日々です。
日々話をしていく中で、ふと自分たちが一体何の業者なんだろうと思うような状況ですが、遺品整理の現場では遺品整理のことだけを考えて作業させていただきますのでご不安にはならないでくださいね。
 
さて、7月4日に旭川で開催されたタケヤ刷子(タケヤブラシ)様の展示会に行ったお話です。
タケヤフェアは北海道では一番大手の清掃資材の問屋さんの展示会で、各メーカーの新製品や主力製品を見ることができます。
 
展示会に行くきっかけとなったのは、私の遺品整理、特殊清掃の恩師であり師匠のリライブル株式会社の鈴木社長に誘われたのがきっかけです。
鈴木社長との出会いは、今から1年以上前ですが、出会ってからずっとお世話になっており大変かわいがってもらっています。
私が尊敬しているマインドカンパニーの鷹田社長との出会いのきっかけも、鈴木社長だったりします。
鈴木社長との出会いがなければ、おそらく私は今この業界にはいないんじゃないかと思います。それくらいの恩師です。
遺品整理士としての考え方や、経営者としての考え方(私は経営者ではありませんが)は一緒にいるだけで大変勉強になりますし、いつも良い刺激をいただいてます。
 
そして、旭川といえば私のハウスクリーニングの師匠であるおそうじのリスターの菅原社長にもお声をかけさせていただき、ご同行いただきました。
菅原社長には、まごころ立ち上げ直後の遺品整理士認定協会のセミナーでご一緒してからずっとお世話になっております。
まごころのハウスクリーニングの技術は、菅原社長の元に修行に行って身につけました。
その際、ハウスクリーニングは奥が深くとても面白いということを教えていただきました。
修行といえば苦行となるのが通常かと思いますが、それすらも楽しいものだと教える教え方も素晴らしいです。
仕事の技術面でも関東の業者に負けないくらいの技術を持っており、それでも日々技術を磨く努力をし続けている素晴らしい方です。
何より、人間的に大変謙虚な方でいつも私のバカ話に付き合ってくれる最高に頼れる師匠です。
 
最後に、旭川では菅原社長と「雷神と風神」的な存在(?)の、Beクリーンの加藤社長もご一緒できました。
加藤社長の噂は鈴木社長と菅原社長から伺っていたのでお会いできたことが大変光栄でした。
話をさせていただいた印象は「仕事はロジカル思考、人間的にはやわらかい」という感じで、とても話しやすい方ですがすごく仕事ができる人なんだなとすぐにわかりました。
 
タケヤフェアでは多数のメーカーが自社の製品についての説明をしてくれますので、現在使っている薬品と比較するにはもってこいの内容でした。
ただし、ただ強い薬品を使うと「破壊洗浄」となってしまうので新製品を使う場合は注意が必要です。
菅原社長からも「ハウスクリーニングで素材を傷めてしまっては本末転倒」と教えていただきました。
多数の試供品をもらってきたので、いろいろ試して良い薬品に出会えればいいなと思っています。
 
展示会が終わってからは、全員でびっくりドンキーでお茶してきました。
各社それぞれの技術的な話や社内の話など、ものすごい勉強になりましたし、良い刺激を持ち帰らせていただくことができました。
私以外のメンバーがものすごい豪華なので、お金払ってでも来たい業者もいるくらいだと思います。
こういった貴重な展示会や食事会で同業他社と交流して、いろいろなことにチャレンジできるきっかけにもなるので今後も参加させていただきたいと思います。
まごころでは、日々技術の向上と新たな取り組みへ挑戦していきますので、今後ともお付き合いをよろしくお願いいたします。
 
https://ihinseiri-magokoro.net/