札幌市内の汚部屋片付け(水害被害)

こんにちは、遺品整理まごころの山元です。
 
今回は特殊清掃ではありませんが、汚部屋の家財整理についてご紹介いたします。
本ブログの画像は、あまり気持ちの良いものではないと思いますので、気になさる方は戻るボタンから他のブログをご覧ください。
 
今回の内容は、トイレの汚水が漏れてしまい部屋中汚水で汚染されてしまったお部屋の片づけです。
こういった現場は、内装のリフォーム業者だけではなく、多くの同業他社でも断られることが多いと耳にしますが、遺品整理まごころは対応できます。
同業他社に断られてしまった現場でも諦めずに当社にご連絡ください
 
まずは、作業前の現場の様子です。
 


 
お部屋の中には大量のハエが飛び交い、とても強烈な排泄物の匂いが立ち込めておりました。
部屋中に排泄物が散らばってしまい、一般の方ならお部屋の中に入ることもできないと思います。
匂いくらいなら。。。と思う方もいるかもしれませんが、お部屋中排泄物で汚染されたお部屋の中は、様々な菌がいますので普通に入るだけでも大変危険なことですのでプロに任せることをお勧めいたします。
事件現場特殊清掃士としては、特殊清掃まで一貫して行いたい案件ではありましたが、今回は家財整理のみの対応となります。
 
さて、このお部屋の家財を搬出する際、通常の作業を行った場合どうなるでしょうか。
ここは賃貸アパートの一室なので、廊下やエレベータを使った場合、排泄物がさらに広がり匂いと雑菌を共用部分にまで拡散させてしまうことになります。
エレベータや廊下に匂いが広がれば、近隣の住民の方から当然苦情がきますし、その広い空間の消臭作業を行うことになると思うと想像しただけでゾッとします。
今回は立地条件的にロープを使うことができたので窓から搬出することができました。
ただし、ここは3階なので窓から落として下でキャッチなんていう原始的な作業をすれば、匂いを拡散させたり怪我をする恐れがありますのでそういったことは致しません。
安全を確保しつつ、少しずつ少しずつ家財を搬出していき作業を完了しました。
 
家財整理後のお部屋の中の様子はこちらです。
 

 
いやー、気になります!大変気になります!
本当に掃除をしたくてウズウズしてしまいます。
ですが、それは私個人の感情なのでここは我慢です。
 
このように水害被害にあってしまった場合、お客様の精神的ダメージは計り知れないと思います。
大切な家財は汚れるわ、引っ越し先を探さなくてはいけないわといろいろ忙しくご自身で片付けをすることは相当な負担になりますので、遺品整理まごころにご相談ください。
遺品整理まごころの事件現場特殊清掃士が、まごころ込めて対応いたします!

http://ihinseiri-magokoro.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA