札幌市内 孤独死部屋の消臭作業

こんにちは、遺品整理まごころの山元です。

今回は本州の同業である遺品整理士から依頼された案件をご紹介いたします。
遺品整理まごころでは、本州の同業他社様からのご依頼も多く受けるようになり、遺品整理業界で弊社が少しずつ認められているのだと、大変嬉しく思います。
今回の現場は、お部屋の中でお亡くなりになり、数か月放置されてしまったお部屋の消臭作業でした。

お見積り時に伺った際、家財の片付けはすでに済んでいましたがお部屋の中は死臭が漂っていました。
死臭は、お部屋の中のものをすべて搬出したとしても、素人に消臭ができるような匂いではありません。
匂いの元は空気中を漂い、お部屋の中のありとあらゆる箇所に付着してしまいますので、換気をして空気中の匂いを取り除いたとしても翌朝には匂いが戻ってしまいます。

そのため、匂いの元を完全に無くさなくてはなりません。
キッチンの換気口を開けてみるとかなりの油が付着していましたので、こちらもしっかりと除去しておきました。

キッチンのように清掃で匂いが取れる箇所は清掃しますが、かならずしも清掃のみで除菌、消臭ができるとは限りません。
たとえば、今回はクッションフロアに体液が染み込んでしまっていたため、染み込んだ箇所のクッションフロアを剥離いたしました。
このクッションフロアですが、剥がすのが本当に大変でかなりの時間を使ってしまいました。

クッションフロアを剥がしきったあとは、消臭・除菌を行う薬品をお部屋中に散布し、オゾン発生装置でオゾン消臭していきます。

清掃をしっかりと行うこと、オゾンにより空気中の消臭・除菌がしっかりと行うことができていれば、数日経過後も匂い戻りがほぼありません。
ちなみに、私がいう「ほぼなくなる」とは、ここで孤独死が発生したことを知らない方のほとんどが、気にならずに普通の生活をしていけるレベルです。
なぜ、この定義をするかというと、オゾン消臭を使ったとしても空気中をまったくの無臭にすることはできないからです。
人間には、感知しやすい匂いと感知しにくい匂いがありますが、森林などの空気がきれいな場所でも「無臭ではないから」です。
そのため、完全な「無臭空間」を作ることは私たちにはできませんので、異臭を消して一般の人がストレスなく生活する空間を作る作業をいたします。
よく、お見積り時に「この匂いも無臭になるんですか?」というご質問が多いので、今回はブログにてご紹介いたしました。

オゾン消臭後、数日経過して匂い戻りがないことを確認してお引渡しいたしました。
お立合いいただいた方は不動産会社の方でしたが、「死臭は全くしません」とはっきり言っていただきました。

今回は、数ある業者の中から遺品整理まごころにご依頼いただき、ありがとうございました。
孤独死が発生することが心苦しいことではありますが、発生してしまった場合は誰かがやらなくてはいけません。
孤独死だけではなく、ごみ屋敷や猫屋敷、水害、火災現場などの消臭にも対応いたしますので、お困りの方は遺品整理まごころまでご連絡ください。

http://ihinseiri-magokoro.net/okoro.net/ro.net/

札幌市白石区の家財整理(生前整理)

こんにちは。遺品整理まごころの山元です。

今回は、札幌市白石区で冬に作業させていただいた家財整理(生前整理)の案件をご紹介いたします。
お客様の不用品は、大きな家具が数点の内容でしたが、家具を搬入する際、階段では上がらずに2階の窓から搬入したとの情報をいただいておりました。

 

こちらはお見積り時のお写真ですが、家具内に入っているものはお客様が整理するとのことで、今回は搬出作業のみとなります。
大きな家具が数点だけとはいえ、家に傷をつけるわけにはいきませんので、窓をしっかりと養生して作業をさせていただきました。

2階から、ゆっくりと家に傷をつけずに搬出いたしました。
今回はそれほど難しい内容ではありませんでしたが、遺品整理まごころでは2階の窓からしか出ない家具も搬出できるというご案内でした。

不要な家具が無くなり、家の中もすっきり。
お客様も笑顔で喜んでいただけました。

最後に、ブログへの掲載を快く許可いただきありがとうございました。
またお困りなことがございましたら、遺品整理まごころがお手伝いいたします。

小樽市での孤独死、遺品整理とハウスクリーニング

こんにちは、遺品整理まごころの山元です。
現場が続きブログを全く更新できておらず、久しぶりの更新となります。

本日ご紹介する案件は、小樽市のお部屋の遺品整理でした。
お部屋の中でお亡くなりになったようで、2日間ほど放置されてしまった孤独死案件です。
冬だったこともあり、ご遺体の腐敗は進まずに発見されたようで、お部屋のダメージはほぼありませんでした。
匂いも無く、特殊清掃は全く必要ない現場でしたので今回は家財整理のみで対応いたしました。

ご遺品も物量はそれほど多くありませんが、手を抜かずに貴重品を捜索していきます。
作業前のお部屋の様子がこちらです。

 

洋服の中は、ポケットの中も貴重品を捜索していきます。

 

今回は、小樽市の案件だったため、小樽市の一般廃棄物収集運搬業者に不用品の処分を委託して対応いたしました。
遺品整理まごころでは、買取可能な商品は買取りさせていただいておりますが、すべてのご遺品を買取りできるわけではありません。
我々が買取りできなくてご依頼者様にとって不要なご遺品は「法的には廃棄物」として処理する必要がありますので、小樽市で一般廃棄物運搬許可を所有する業者に委託する必要があります。
当ホームページでも記載しておりますが、皆様が思っているよりもこの法律を守らない業者が多いことを、念のためお伝えしておきます。
去年の年末に不法投棄で逮捕された札幌の業者もいますので、ご注意ください。

さて、話を元に戻します。
今回は小樽で遠方であったことと、小樽市の一般廃棄物収集運搬許可業者の時間の都合により、普段よりも1名多く現場に入れて作業を行いました。
そのため、予定していた時間よりも早く遺品整理の作業が終わったため、キッチンのハウスクリーニングをサービスさせていただきました。
ハウスクリーニング前の様子がこちらです。

 

換気口も全く掃除していなかった様子で、油が付着して真っ黒です。

 

こちらを業務用の洗剤を使用し、油を落としていきます。

しっかりきれいになりました。

 

キッチン全体も綺麗になり、お客様にも大変喜んでいただきました。
今回の案件は、小樽市でのご依頼でしたが出張料金は一切発生しておりません。
遺品整理まごころでは、遠方のお部屋のご依頼でも可能な限り出張料金はいただかずに作業させていただきたいと考えております。
当方のスケジュールやあまりにも遠方の場合にはご相談させていただく場合がございますが、遠方の方も諦めずにご相談いただければ可能な限り対応させていただきたいと思います。

今回ご依頼をいただいたお客様は、予定していたご予算を少しオーバーしてしまいましたが、当社に決めていただきました。
これは我々業者からしたら本当に嬉しいことです。
しかしながら、「値段だけではない」と当ホームページでも謳っておりますが、実際には作業料金が高いことはお客様にとって大きな負担であることを理解しております。
そのため、私どもを選んでいただいたお客様のために、少しでもお力になれるよう作業させていただいております。
この度は遺品整理まごころをお選びいただきありがとうございました。
そして、ブログへの掲載を快くご了承いただきましたこと、ありがとうございました。
このブログがお客様と同じお悩みを抱えている方の手助けになると思います。

 

http://ihinseiri-magokoro.net/