札幌市 西区でのお片付け

こんにちは、遺品整理まごころの相澤です

 

9月も残すところ2週間をきり、日の入りも早くなってまいりました

まだまだ残暑が厳しい札幌ですがそろそろ秋の足音が迫ってきそうです

 

さて、今回のお仕事の紹介はお部屋のお片付けになります

 

人数 3名
時間 2時間
間取り 2LDK

 

お客様の方でクローゼットの中などはすでに整理が済んでいたため、家財やキッチン、リビングなど生活雑貨などをお片付けさせていただきました

 

午後には環境公社様が引取りに来られますので午前中に作業を終わらせるよう2名で分類、一名で搬出を行いました。今回は敷地の関係上、不用品の仮置き場が屋外に設定できなかったため作業車内に一時保管し環境公社様に作業車内から直接回収してもらう流れとなりました

 

休憩を挟みながらではありましたが、お客様のご助力により午前中には作業を終わらせることができました

 

以上で今回のお部屋のお片付けは完了となります

 

家財や不用品の量によっては今回のように午前中に作業が終了するケースも往々にしてございます。ちょっとしたお部屋の片付けも承っておりますのでそのような場合はLINEにて簡単お見積もりをお受け下さい

 

片付けてほしいお部屋や物の写真をいただければ担当スタッフが概算ではありますがお見積もりをさせていただきます。わからないことがあれば気軽に聞いていただいてかまいません。

 

少しでもお客様のお役に立てれば幸いです

札幌市 東区の遺品整理

皆様こんにちは!

遺品整理まごころの相澤です

今回はLINE査定よりお問い合わせ頂いたお客様の遺品整理となります

作業は一日を予定したおりましたが物量が想定より多くありましたのでお客様と相談の上二日に分け作業することとなりました

一日目はお客様が残しておきたい物や遺品買取を依頼された物など処分しない物をお客様と一緒に確認してもらうことから始まりました

 

家財や小物、貴重品などを一つ一つか確認していき他の不用品と間違わないように他スタッフにも周知、テープで目印をつけることで安全に作業を行う準備をしました

 

今回は捜索物などがなかったため、準備で振り分けをしたもの以外は基本的不用品ということになりますので不用品の種類ごとに分別を行い収納袋に入れて搬出していきます

 

一日目は4名での作業でしたので2名で分類、2名で搬出ということになりました

階段の勾配が急であったため、できる限り気を付けて搬出を行います

 

時々休憩を頂きながら作業を行い、午後には環境公社様が不用品の回収に来られたので引き取ってもらい残りは2日目のスムーズな搬出のために分類、収納袋への詰め込み作業を行います

 

時間になったら一日目が終了、お客様から二日目の作業のためカギをお預かりしました。今回は予定していなかった二日目の作業ではありましたがお客様が追加で不用品の処分などをご依頼されていない場合は基本的に2日目の料金はかかりません。そのあたりのことも初めにお客様に説明しご理解を頂いております。

 

作業二日目ですが、一日目に袋詰めした不用品を搬出することから始めました

一日目にほとんどの不用品は搬出しましたがそれでもまだ物量がありました。二日目は3名での作業になりましたので2名で分類、1名での搬出になります

 

二日目は一日目の分類が功を奏しスムーズに作業を進めていくことができました。一目の作業と内容は同じで搬出して時間になったら回収に来てもらうという流れです

 

不用品を回収してもらいお部屋の中が残すものだけになった後は、お客様からご依頼されたシンクと冷蔵庫の清掃です。シンクには錆がありすべてを落としきることはできませんでしたが弊社でできうる限り綺麗にさせていただきました

 

冷蔵庫も同様に綺麗に清掃していきます。その間に他のスタッフは作業時に不用品などから落下した埃などを掃き掃除していきます

 

今回はお部屋全体の拭き掃除や除菌依頼などがなかったため、ここまでの清掃作業となりますがお客様のご依頼によってはオゾン発生装置による除菌なども行えます

 

清掃が終わりましたらお客様に連絡をし立ち合いをしていただいてからお支払いをしていただきます。お客様も綺麗になったお部屋をご覧になられ満足していただけました。ここが作業を行っていて一番良い瞬間ですね

 

さていかがでしたでしょうか?

今回はLINEからお問い合わせをしていただいたお客様のお仕事でしたが、事前にお電話でいただくよりもスムーズにお見積もりなどご連絡を取ることができました。

 

LINEでの問い合わせの場合、お電話よりも簡単で必要な情報や写真を撮るだけで簡単なお見積もりを作成することも具体的なお見積もりをするためのスケジュール確認もメッセージを送るだけで済みます。

 

中には仕事で時間がなくなかなか電話することも難しいという方もいたっしゃると思いますので、その際は是非LINEでの簡単査定やお問い合わせをしてみてください。担当スタッフが丁寧に回答いたします

 

このブログが皆さんのお役に立てれば幸いです

今夏の海外輸出を行いました!

皆様こんにちは

遺品整理まごころの相澤です

 

先週はタイトル通り海外輸出や連休により更新が滞ってしまいました、申し訳ございません。遺品整理まごころではお客様から買取や引取りをさせていただいた物の中から家具や生活雑貨を輸出しております。

 

生前整理や遺品整理などで引取りをさせていただいた食器棚やシェルフ、クローゼットといった家具、未使用の食器などの贈答品やおもちゃなど状態にもよりますが処分されるよりも少しでも思い出の詰まったものを使ってほしい、というお客様の想いに少しでもお役に立てるよう、この事業を行っております。

 

一口に海外輸出といってもなかなかイメージがわかないもでしょう

今年の3月にも紹介させていただきましたが、改めてどのような感じなのかご説明させていただきます。

 

このように大きなコンテナを倉庫まで輸送業者様に持ってきていただき奥から家具を設置していきます。ただ家具を置くのではなく中には小さな段ボールや袋に入れたぬいぐるみや食器なども詰めていき少しでもスペースを無駄にすることなくサイズをスケールで測りながら作業を進めていきます。

 

3月と大きく違う点はやはりこの暑さです。コンテナはもちろん鉄なので中はとても暑く水分補給や休憩をはさみながら作業を行います。熱中症は命の危険もありますので皆様も自宅にいるからと油断せず、水分補給を怠ることなくこの夏を乗り切りましょう。私は先日その油断をし軽い熱中症になりました。熱がどばっと短時間であがりますので気づいたときには、ということもあります。軽いめまいや立ち眩みがおこる前に重ねて申し上げますが、きちんと水分補給をしましょう。

 

この積み込み作業をコンテナの扉ギリギリまで行います

最後の方は雑貨などを詰め込んだ段ボールを積み上げ調整していきます。この最後のきっちり隙間を埋める調整が難しいところです。

 

最後はコンテナにカギをかけ輸送業者様に引き渡して終了となります。

 

なかなか皆様も海外輸出とは広告などで見たことはあるでしょうが、実際に見る機会はほとんどないと思います。これを機に少しでも資源の再利用を考えられていかがでしょうか。

 

このブログが少しでもお役に立てれば幸いです

札幌市 中央区での遺品整理

皆様こんにちは

遺品整理まごころの相澤です

 TwitterのFleet機能が来月3日にサービス終了になりますが皆様使われたことはあるでしょうか。私は特に使ったことはありませんでしたが、24時間で消えるツイート機能ということで、見た限りはクリエイターなどの宣伝などに使われていたのは見られました。クリエイターや配信などをされる方は使っていたイメージです。

 ガリレオも新作が9年ぶりに新作が映画で公開されますし、映画業界もコロナ禍で打撃を受けていましたが、いい作品も多く出てきていますので、私もワクチンを接種できたら対策をした上で見に行きたいものです。

 

 最近はコロナ禍やそれに伴うオリンピック開催に関してネガティブなニュースしかありません。ワクチンの供給がうまくいかず知事に陳謝した、というニュースもあるくらいです。ですが、ここはポジティブなニュースを見て決して悲観的にならず前を向いていきましょう、私も自粛している最中は趣味に時間を使ったりと自粛しながらも楽しめるように工夫しながら生活をしています。思いっきり外で遊びたい気持ちも確かにありますが…

 

さて、それでは今回のお仕事の紹介をしたいと思います。

人数 3名
作業時間 4時間ほど
間取り 1LDK

 

今回は1LDKのお部屋になります。

こちらがお片付けをする前の写真になります。

玄関周りは特に残置物であふれているというわけではなく、どちらかと言うと生活空間に物が多くある感じでした。ただ、使っている状態の物しかほとんどなく、不用品を片付けられないなどそのようなことはなかったようです。

 

ただ、こちらには物置がないためお風呂場を物置代わりにしていたようで自作の棚が設置しておりました。一番残置物が多かったのもこちらになります。

 

この程度の物量であればスタッフ3名で4時間ほどで作業が完了しますので、お部屋の物量によっては午前中のみの作業で終わることもあります。

 

そしてこちらが作業完了後の写真になります。

家具の裏は埃が層になっておりましたが、こちらはサービスで掃き掃除をさせていただきました。シンクなどの清掃はお客様ご自身で行うとのことでしたので備え付けのストーブ・灯油タンク、ごみ袋などを残し作業完了の報告をさせていただきました。

 

環境公社様に引き取っていただく際の仮置き場は駐車場の関係で若干難儀しましたが、なんとか他の住まわれている方にご迷惑をかけないよう置かせていただくこともでき何事もなく終わることができました。常に周りに気を配りながら作業を行っておりますので、ご安心ください。

 

今回は以上となりますがいかがでしたでしょうか。もしお部屋のお片付けでお困りの方、物量が少なく頼みずらいなどお客様にとっては判断のしづらい部分もあるでしょうが、その時はまずご相談ください。親切丁寧を心掛け対応させていただいております。物置のお片付けから一軒家のお片付けまでお任せください。

 

このブログが皆様のお役に立てれば幸いです。

札幌市 厚別での遺品整理

皆様こんにちは

遺品整理まごころの相澤です

 

札幌では市役所本庁にてインド型変異ウイルスに感染した疑いが職員3名に対して判明したとニュースになりました。どうやら調査の結果マスクをせずに来庁した方から感染したのではないか、との話でした。

 

そのニュースを見て思い出したのですが、確かに最近マスクをせずに往来している方を見かける頻度が多くなってきました。自身や周囲がコロナに感染したケースがないので油断しているのか、ワクチンが出てきたからなのか理由は定かではありませんが、ワクチンを打ったからといって100%感染しないこともありませんし、あくまで重篤化するリスクが減少するなどメリットがある程度である、ということだと思います。ですが、変異型はすれ違っただけで感染する、という話もありますので、自信を守るためにも大事な方を守るためにもマスクの着用はできる限りしましょう。最近は暑く湿度も高い札幌ではありますが、確かに息苦しいですが必要なことと考え行動しましょう。一人ひとりが行動することでより良い環境になると信じています。

 

さて、少し説教くさい感じにはなってしまいましたが今回のお仕事を紹介したいと思います。

 

人数 3名
作業時間 3日
間取り 一軒家

 

 


 こちらが居間の作業前の写真になります。ペットを飼われており、ケージなど関連する雑貨や生活用品が置かれています。こちらにはご家族の方がまだお住まいになられていますので、お客様に随時不要・必要の判断をしていただきながらの作業になりました。

 

そしてこちらがお片付けが終了した居間になります。必要なケージや雑貨などを残し、他の不用品をすべてお片付けさせていただきました。また、使われるものを他のお部屋に運ぶことでより居間が広々とした空間となりました。

 

 

こちらが1Fのお部屋のお片付け前の写真です。家電やソファなどの周辺に残置物が多くあり、足を差し込む隙間もあまりありませんでした。形のある大きな家具などを搬出するために入口から順次お片付けを開始します。

 

 

こちらが不要な物を片付けた後のお部屋になります。2Fにあったシェルフを搬入し使いやすいお部屋になりました。必要な物も段ボールに一まとめにすることでお部屋をよりカスタムしやすくなっております。この後、お客様が模様替えを行いたい、とこことでしたのでこのような状態にさせていただきました。

 

そしてこちらが一番物量があり、お客様も不要な物が多くあった2Fのお部屋です。本や資料が多くありました。皆様も雑誌などの紙束をまとめて持ったことは学校などで一度は経験がありと思います。そうです、それなりに重量があるのです。これをお客様おひとりで搬出するのはかなりの重労働。今回はスタッフ3名で搬出しましたが、特に労力を使った作業でした。

 

 

 

 

そしてこちらがお片付け完了後の写真です。棚にはお客様が必要な物しか残っておりません。床は掃き掃除後、拭き掃除を行い汚れを落としました。他にもお部屋はありますが、今回お片付けさせていただいたのは故人の方が使われていたお部屋や共通の居間だけであったため、こちらのお部屋で最後になります。

 

 

いかがでしたでしょうか。今回は写真を見ていただきながらのご紹介となりました。少しでもお役に立てたでしょうか。

 

私の実家も少し片づけをお願いした、といった生前整理から引っ越し前のお片付けなども承っております。LINEでの簡易お見積もりを始めましたので、ぜひそちらもご活用ください!

 

 

 

 

真駒内での遺品整理

皆様こんにちは

遺品整理まごころの相澤です

 

6月も残すところ1週間余りとなりましたが、気温はどんどんと上がっております。日焼け対策や熱中症の予防は皆様、きちんと行っているでしょうか?

私自身暑い中作業をすることもあり、適度に休憩をとりながら水分補給も行っております。これからどんどんと暑くなってきますので、より一層気を付けていきましょう。

 

札幌ではクマが出没しけが人もでました。

興味本位で近づくことなく、情報が出た段階でできうる限り近づかないようにしましょう。ヘヴィ級プロボクサーよりも強い力ですから人間では太刀打ちできません。十分気を付けましょう!

 

さて、今回は真駒内で遺品整理業務がございましたのでそのご紹介となります

 

人数 3名
作業時間 1日
間取り 3LDK 

 

今回はお部屋の写真を掲載させていただけるとのことでしたので、写真を交えて紹介したいと思います

 

 

 

    

 

こちらが整理前のお部屋の写真になります。

とても綺麗に住まわれており、一見して物量があるようには見えません。

きちんと整理されているためそう見えないだけで相当な物量がありました。

ですが、物用があったにもかかわらず全体を見てみれば1日で作業が終わりました。それも住まわれていた方が生前整理整頓をしていたためです。

私共の作業で一番時間がかかるのは以前もブログで書きましたが分類作業が一番時間がかかります。中には可燃性の危険物が他のものに混ざっている、なんてこともあるためです。この確認を怠ると回収してくださる環境公社様の車や施設が火事になってしまう恐れがあるからです。

ですので、このように整頓されているお部屋であれば物量があっても1日で作業が終わることがあります。

 

 

そしてこちらが整理後の写真になります。

家具などの裏はどのご家庭でもそうですが、埃が積もってしまっていますので清掃を行って終了となりました。輸出向けの家具なども買取をさせていただきましたので、遺品整理作業の料金から差し引きさせていただきました。

ご遺品の買取も作業をすすめ、分類を行っている際にチェックしながら行うため、見逃しもありません。

 

もちろん、お客様が思い出にと引き取られることも多くあり必ずしも売らなければならないということはございません。

あくまで、不要だと判断され我々が買取できるものをさせていただければと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

写真を掲載したのは久しぶりではありますが、やはり写真があると皆様もわかりやすいと思います。快く掲載許可をいただきましたこと、この場でも感謝いたします。

 

清掃もそうですが、コロナが心配だというお客様にも室内除菌を行うことも可能です。お気軽にご相談ください。

 

このブログが少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

様々なご依頼を通じて

皆様こんにちは

遺品整理まごころの相澤です

 

6月もすでに1週間が経過し日々気温も上がってきております。

昨日は大雨で湿度も高く、なかなかに過ごしにくい天候ではありましたが来週日曜日までは札幌は晴れもしくは曇りの予報です。熱中症など気を付けながら油断せず水分補給を行っていきましょう。

 

さて、本日は遺品整理・生前整理・遺品買取やお焚き上げなど遺品整理業務に係るご依頼を受け私自身が感じたことなどを書き綴っていきたいと思います。

 

遺品整理や生前整理は以前もブログに書いたのですが、仕事の内容からあまり明るいイメージがありません。ニュースなどでも取り上げられる内容も同様に孤独死やごみ屋敷の片づけといった内容に偏ってしまっています。そればかりはどうしようもないことではありますが、中にはすっきりした状態へと整理することにより前向きになられた、といったお客様もいらっしゃいます。

 

特に生前整理に関してはちょっとした車庫の片づけからお部屋丸ごとのお片付けもあり、作業が完了した際は寂しそうにされるよりも、前向きになれたと喜ばれることも多くあります。また生前整理では自身で片付けられない、どのように捨てたら良いかわからないから片付けてほしい、といったご依頼もあるため、必ずしもネガティブな仕事ではないということです。

 

ポジティブなイメージがつきにくい遺品整理業務ではありますが、お部屋をお片付けすることで気持ちに整理をつけ、前向きに人生を歩んでいけるようにお手伝いをすることもまたこの仕事の意義であると思います。死にかかわる仕事はどうしてもネガティブになりがちですが、少し見方を変えることもまた必要だと考えます。

 

このブログが少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

札幌市 白石区での遺品整理

皆様こんにちは、遺品整理まごころの相澤です

 

北海道は先日、緊急事態宣言を受け全道で外出自粛・時短要請が行われました

内容は今までと同様ではありますが、5月31日までと今月は不要不急の外出や移動を控えるように、との要請でした。このコロナ禍のゴールデンウイークですが、ある程度ワクチンも目途が立ち、実際に接種する人も出てきております。外国ではすでにできる限り効率を重視し6月からはワクチン接種者は外出や移動などが解禁される予定となっていると言います。民間人にも抽選でワクチンが摂取できる状態にあり、日本の対応は遅いのは、ワクチンを外国に頼っているだけではないでしょう。

 

ですが、札幌では26日ほどからワクチン接種が高齢者に行われますので急な延長などなければ自体は動いていくでしょう。あと少しの辛抱だとは思いますが、事態の完全収束まで前回の新型インフルエンザを鑑みるに、あと1年ほどは続くものと個人的には感じます。札幌の感染者数が急増し、身近にも陽性反応が出た方もいらっしゃるのではないでしょうか。事情によるとは思いますが、マスクや手洗いうがいなど対策をできうる限りしても感染するケースもあります。ですので、陽性反応が出たからといって、決してその方を責めないでいただきたい。国民が自主的に移動の自粛などを行い、少しでも被害が少なくなるよう頑張れたのですから、自らがかかってしまった時のことを考え、優しく社会復帰ができるようサポートしてあげるのもまた、一つのコロナ対策なのではないでしょうか。

 

さて、それでは今回のお仕事紹介です

人数 4名
作業時間 4時間ほど
間取り 2LDK + 物置

 

今回は時間を短縮するため、通常2名で1日作業のところ予定の空いているスタッフを動員し、4時間ほどで作業を行いました。現場が階段のみの建物であるため、スタッフ2名で分類作業を行い、残り2名で搬出を行いました。ご遺品の量としては一般的な量でしたが、すでに必要な物・不要な物を分類してくださっておりましたのでこちらもスムーズに作業を行うことができました。

 

ですが、写真や書類といったものは家財の裏など思わぬところに落ちていたりするこがあるため整理をしながら発見次第、お客様に確認を取らせていただきました。中には写真など一度不要と判断されたとしても改めて思うと一枚は取っておきたい、と思い直される方もいらっしゃいますので一つ一つの確認が重要なのです。

 

今回は普段通りの作業でしたが人員が多くいたため早く作業が終わりました。その為、お客様の時間をいたずらに拘束することなく済みました。毎回できる限りお客様のために早く安くお仕事ができるように担当スタッフが奮闘しております。ですので、一度悩まれている方はご連絡ください。弊社スタッフがご相談に乗らせていただきます。

 

このブログが少しでもお役に立てると幸いです

札幌市 厚別区での遺品整理

皆様こんにちは

遺品整理まごころの相澤です

 

ゴールデンウィークも始まりどう過ごされているでしょうか

コロナ禍の影響もあり、市外への移動も自粛される方も多くいらっしゃると思います。せっかくのゴールデンウィークではありますが、少しでも早い収束をめざし、団結していきましょう。

 

さて、そんな中ではありますが今回は遺品整理のお仕事の紹介です

 

作業日数 2日
人員 3名
間取り 3LDK+ベランダ

 

 分類作業に必要な道具を作業車に積み込み、午前9時スタッフが各々現場に到着しました。今回は入口の前に通路があるものの直線上に車を止めることができたためスムーズに道具を運び出すことができました。

 現場は2Fにあり、お客様とお話しさせて頂いたのち作業に入ります。

各部屋に一人スタッフが配置され、順次ご遺品の整理を始めます。お客様が必要とされているものや思い出のつまったものは一つにまとめ、お客様に見て頂き判断を仰ぎます。途中休憩をはさみながら12時ごろまで分類→まとめる→屋外の仮置き場に搬出する という作業を繰り返し、お部屋をきれいにしていきます。

 

 お客様が不要と判断された残置物に関しては、環境公社様にスムーズに回収していただけるよう、事前に管理人様などに連絡を取り仮置き場を作らせて頂きます。もちろん、周囲に残置物が飛散しないようきちんと袋に詰め込んだり、重いものを上にしたりと注意しながら搬出しております。

 

 スタッフ一同休憩が終わり、再度お部屋の整理を始めます。

休憩したことで、スタッフもさらに集中し作業を行えます。やはり休息は大事だと、作業をしていると実感します。今回はご遺品も多いため、二日に予定を分けており、環境公社様へのご依頼も二日に分けてお願いしております。そのため、家具などの大きいもの、その他のものと分類し1日目、2日目でそれぞれ処分していきます。

 

家具が片付くとお部屋が広く感じられます。

ですが、ここでよくあるのが長らく置いていた家具の後ろはやはり埃が蓄積されていたり落し物があったりと様々なものが隠れています。埃を掃いながらお客様にお返しするものがないか、慎重に作業を進めていきます。今回も小銭が出てきました。お部屋を整理すると私もそうですが、小銭が気づいたら隙間にあるということがあります。こちらもまとめて、お客様に返却させて頂きました。

 

 各お部屋が終わり、次いでリビングとベランダの整理に入ります。

ベランダには特に置かれているものはなく、風に舞って蓄積された土くらいでしたので、軽く掃き掃除を行いました。リビングはお部屋ほど残置物がなかったため、3人で分類を行い作業を終わらせました。

 

家具やご遺品を全て搬出すると、残りは簡易ではありますが清掃になります。

埃も多く蓄積しており、強く掃くと舞ってしまうためゆっくりと大きいものだけを箒と塵取りで除去し、残りの細かいものは掃除機で吸い取ります。

 

以上の作業が一連の流れになります。

1日目、2日目に搬出するものは事前に見積もりをした際に、担当が段取りを組みスケジュールを立てていますので、作業はスムーズに進みました。お客様も終了後お部屋をご覧になられ綺麗になったと息をついておりました。

 

 今回のように発見が遅れるケースは少なくはありません。大丈夫だろう、という心持ちでいると発見が遅れてしまうものです。コロナ禍で直接会いにいけなくとも、携帯電話やSNSの発展により気軽に連絡を取る手段が多くあります。

 

 ここで一度、連絡をとっていなかった親族、友人などに連絡を取ってみてはいかがでしょうか。少しでも人の輪がコロナで断ち切られないよう、意識して取り組みたいものです。

 

 私もゴールデンウィークは実家へ帰省せず自粛をし、元気にしているか、変わりないかといった連絡のみにとどめたいと思います。

 

 皆様も大変でしょうが、踏ん張りどきです。

オリンピックはどうなるかはわかりませんが、少しでも早い収束を祈りできる限りのことはしていきましょう。

 

このブログが少しでもお役にたてればと思います

札幌市 中央区での遺品整理

こんにちは、遺品整理まごころの相澤です

 

最近は比較的暖かく、日中ですと上着を羽織る程度でも問題なくお仕事ができるようになりました。北海道生まれでも寒さが苦手な私にとっては春の訪れはとても嬉しい出来事です。

 

緊急事態宣言は延長され、一般向けのワクチン接種の日程も予定ではありますが発表されました。ワクチンさえあれば万事解決とはいきませんが、少しでもコロナ禍以前の状態に戻ってほしいものです。

 

皆様も乾燥する北海道の冬の中、マスクの常時装着は大変でしょうが、油断なく乗り越えていきましょう!

 

さて、長くなりましたが、皆様にお仕事を一件ご紹介したいと思います!

 

 

今回は、中央区での遺品整理になります

 

お客様からのご要望で、写真など思い出の品の捜索と軽い清掃を含めてのお仕事になります。

 

捜索物は写真とのことで、棚や壁に飾ってあるものから、引出しやアルバム内のものも探していきます。

 

中には、棚の裏に落ちてしまうこともあるので、一つ一つ引出しを抜き出しながら確認をしていきます。

 

その過程で、お客様より不要と判断していただいている物に関しては、環境事業公社様に回収していただくため、お客様に許可を頂き屋外に仮置き場を設けさせていただきました。

 

家具はそのままでは回収していただけないため、細かく分解を行いました。分解時の破片などは最後に清掃を行うため、床や壁など傷をつけないよう対策をしながら行いました。

 

最後に、ご依頼のあった写真をお客様に見て判断して頂き必要なものだけを回収していただき、不要なものは一緒に公社様に回収していただきました。

 

スタッフ3名

作業時間4時間程

 

以上が、今回のお仕事になります。

いかがでしたでしょうか

今回は天気も良く、余裕を持ってお仕事をさせていただきました。心に余裕があると、やはり私どもも作業が捗ります。

 

できれば、常に暖かくあってほしいものです。

 

このブログが少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。