札幌市 中央区での遺品整理

こんにちは、遺品整理まごころの相澤です

 

最近は比較的暖かく、日中ですと上着を羽織る程度でも問題なくお仕事ができるようになりました。北海道生まれでも寒さが苦手な私にとっては春の訪れはとても嬉しい出来事です。

 

緊急事態宣言は延長され、一般向けのワクチン接種の日程も予定ではありますが発表されました。ワクチンさえあれば万事解決とはいきませんが、少しでもコロナ禍以前の状態に戻ってほしいものです。

 

皆様も乾燥する北海道の冬の中、マスクの常時装着は大変でしょうが、油断なく乗り越えていきましょう!

 

さて、長くなりましたが、皆様にお仕事を一件ご紹介したいと思います!

 

 

今回は、中央区での遺品整理になります

 

お客様からのご要望で、写真など思い出の品の捜索と軽い清掃を含めてのお仕事になります。

 

捜索物は写真とのことで、棚や壁に飾ってあるものから、引出しやアルバム内のものも探していきます。

 

中には、棚の裏に落ちてしまうこともあるので、一つ一つ引出しを抜き出しながら確認をしていきます。

 

その過程で、お客様より不要と判断していただいている物に関しては、環境事業公社様に回収していただくため、お客様に許可を頂き屋外に仮置き場を設けさせていただきました。

 

家具はそのままでは回収していただけないため、細かく分解を行いました。分解時の破片などは最後に清掃を行うため、床や壁など傷をつけないよう対策をしながら行いました。

 

最後に、ご依頼のあった写真をお客様に見て判断して頂き必要なものだけを回収していただき、不要なものは一緒に公社様に回収していただきました。

 

スタッフ3名

作業時間4時間程

 

以上が、今回のお仕事になります。

いかがでしたでしょうか

今回は天気も良く、余裕を持ってお仕事をさせていただきました。心に余裕があると、やはり私どもも作業が捗ります。

 

できれば、常に暖かくあってほしいものです。

 

このブログが少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

札幌市内 施設での遺品整理

こんにちは、遺品整理まごころの相澤です。

 

先日の地震は皆様、大丈夫でしたでしょうか?福島・宮城南部で震度6弱が発生し、札幌市内でも揺れを感じました。

 

余震なども警戒し、これを機に、家具家電をしっかりと固定しましょう。落下による怪我もありますので、ゴムマットや固定具でこれを気に地震対策をしてはいかがでしょうか

 

さて、本日は前回に続き施設での遺品整理のご紹介になります。

 

お部屋は特別汚れてはいませんでしたが、引払いに際し清掃が必要とのことで、整理をさせていただくと共に、清掃も併せご依頼をしていただきました。

 

生活用品や食料品、飲料などもありましたので、確認の上処分させていただきました。その他、雑貨や未使用品もご不要なものについては海外向けにリユースさせていただくことに

 

汚れが目立つものや破損しているものは、それぞれ分類をし処分させていただきました。

 

清掃は、埃などが落ちるため上から順番に行います。カーテンレール上部の見えにくい所も手を抜く事なくふき取り、次いで流し台、トイレ、床と行いました。ベッドの下にもスペースがあったため、一度ベッドを移動させ清掃を行いました。

 

最後にご依頼主様に確認をしていただいて、全ての作業が終了となります。

 

スタッフ:3名

作業時間:2時間程

でございました。

 

 

如何でしたでしょうか?

このブログが少しでも皆様の参考になれば幸いです。お客様の中には、我々の作業がどこまでの範囲で行うのかわからない、という方もいらっしゃると思いますが、先ずは一度ご相談ください。

 

担当スタッフが丁寧に説明させていただきます。

札幌市での遺品整理

遺品整理まごころ 相澤です。

 

本日は札幌市内 とある介護施設においての遺品整理の紹介をさせていただきます。

 

作業は一室のベッド以外の家具や衣類などのご遺品全てになります。

 

ご依頼主様からは、全て必要な物は回収したため残した物は不要である、と事前にお話を伺っていたため衣類や食料品、電化製品などを全て分類し処分させていただきました。

 

 

今回のお仕事は介護施設での遺品整理ということでしたが、施設側が快くエントランスの一部を開放してくれたため、分類したものを一時的に置かせていただきました。

 

そのため、室内でのスペースが確保でき、より作業が捗りました。

 

 

そのため、スタッフは二名でしたが僅か二時間程で作業を終えることができました。

 

以上で今回のお仕事の紹介を終えたいと思います。施設入居者の場合においても、問題なく作業を行うことが可能ですので、お気軽にご連絡下さい。

 

このブログが少しでも皆様のご参考になれば、幸いです

札幌市 厚別区での遺品整理

最近の札幌は気温が暖かくなったり寒くなったりを繰り返しており、温度管理が大変です。皆様もできるだけ対策をし体調をくずさないよう頑張りましょう。

 

こんにちは、遺品整理まごころ 相澤 です。

 

本日は、厚別区でのお仕事の紹介をしたいと思います。

写真の掲載はできませんが、文章のみの紹介は大丈夫とのことでした。

拙い文章ではありますが、最後までお付き合い頂けると幸いです。

こうして、文章として皆様に私どものお仕事を紹介できるのはとても嬉しいことです。少しでもお役にたてるよう励んで参ります。

 

さて、今回のお仕事の内容ですが1LDKの遺品整理となります。

 

 

冷蔵庫内の食料品や保存食など、多くの物はお客様ができる限り処分してくれたようで、残っていた少量の食料品の処分と冷蔵庫の運び出しのみでキッチンでの作業は終了しました。こうして、食料品などお客様が処分してくださるのはとても助かります。ですが、中にはにおいがきついなどの理由からお客様ご自身での処分が難しいと判断された場合はお気軽にご相談ください。弊社スタッフがすべて処分いたします。

 

 

お部屋の中はお洒落な方のようで様々なデザインの衣類が多くありましたが、全て丁寧に袋に詰め、お客様の判断を仰いだうえで処分させていただきました。ベッドなどの家具はとても綺麗でしたので解体し、海外へ輸出するはこびとなりました。遺品整理まごころでは環境に配慮し、こうしてお客様には不要なものでも海外の方からの需要のあるものは、海外へ輸出させていただいております。

 

リビングのTV台や照明などはお客様からのご要望で、全て整理してほしいとのことでしたので、金属製品、家電、雑紙など分類作業を行った後、処分させていただきました。

 

その後、出てきた貴重品や印鑑など発見できたものはお客様へ返却し、買取ができるものは、お客様と相談の上買取をさせていただきました。

 

 

こうして今回の作業は全て終了となりました。

スタッフ3名で1日かけてのお仕事でした。

 

いかがでしたでしょうか、少しでもお仕事の内容を伝えられたでしょうか。

ご不明な点などあればお気軽にご連絡ください。

丁寧にご説明させていただきます。

 

 

今後も皆様のお役にたてるよう、ブログの更新を続けていきたいと思います。

新年のご挨拶と札幌市内、2LDKのお片付け

新年明けましておめでとうございます。

遺品整理まごころの相澤です。

昨年はコロナ禍により、リモートワークや時短営業など様々なところで影響が出た年でございました。

 

しかし本年もまた、新年明けて直ぐに緊急事態宣言要請といったニュースが見受けられ未だ緊張感が途絶えません。

 

我々スタッフ一同も、衛生管理には特に気をつけて営業しております。皆さまも共に手洗いなど衛生管理を行い、このコロナ禍を乗り切りましょう。

 

さて、昨年のお仕事ではありますが一件、遺品整理のご紹介をさせていただきます。

 

□札幌市内、2LDKのお片付け□

 

今回のお仕事は市内アパートのお部屋と物置内の残置物のお片付けです。

ゴミが大量にあり、床が見えなくなっていましたが、スタッフ4名ほどで2日に分け作業をさせていただきました。

 

こちらが作業前の写真になります。

 

 

 

電気は止まっていたため、やや暗く見づらい写真になってしまい申し訳ありませんが残置物が多く見られます。

 

 

今回のご依頼には清掃などは含まれていないため、それぞれ分類を行い前回同様、札幌環境公社様に一般廃棄物(賞味期限切れの食料品や、紙などの燃やせる物など)を回収していただきました。

 

 

そして、こちらご作業後の写真になります。

 

 

 

いかがでしょうか、清掃はご依頼には含まれていないため軽く掃き掃除をさせていただいた程度ではありますが、残置物は全て回収させていただきました。

 

浴槽の黒カビは範囲が広いですが、清掃のご依頼があればこちらもやらせていただきます。

 

 

各国ではコロナのワクチン接種が始まっております。効果は未だ不明ではありますが、是非とも早く、日常を取り戻したいですね。

 

このブログで少しでも、前に向くことができたら幸いです。

 

また、我々の仕事に対して依頼はしたいがどのようにしたらよいか、金額はどれくらいかなど簡単なご質問からでも受け付けておりますので、ご気軽にご連絡ください。

 

それでは、本年も遺品整理まごころを宜しくお願い申し上げます。