特殊清掃まごころ

注意書き
このページは特殊清掃について記載しているページです。
写真は加工しておりませんので、気分を害される方はこのページはご覧にならないようお願いいたします。
遺品整理や家財整理については遺品整理まごころのページをご覧ください。

特殊清掃とは

様々な理由により、通常の清掃作業のみでは原状回復が難しいお部屋があります。
そういったお部屋の原状回復することを「特殊清掃」とよんでいます。孤独死、自殺、殺人以外にも、ごみ部屋屋敷清掃、ペットによる糞尿臭、火災や水災、灯油漏れによる臭いの被害などがあります。
事件現場特殊清掃士は、一般的な方だけでなく肉親であるご遺族にも入ることさえ困難なお部屋での清掃、消臭、消毒作業も行いお部屋の原状回復をしていきます。

特殊清掃まごころの想い
事件現場特殊清掃士
事件現場特殊清掃センター

特殊清掃が必要な現場は、孤独死だけではなく自殺、殺人、ゴミ部屋屋敷清掃、ペットによる糞尿臭、火災や水災、灯油漏れによる臭いの被害などがありますが、どれも発生しない方が良いものばかりです。
しかし、発生してしまった以上誰かが清掃しなくてはいけません。
特殊清掃まごころでは、故人様だけではなく、ご遺族やご依頼者に寄り添い最後まで責任をもってご対応しております。
家財整理とは異なり、オーダーメイド施工ですので、料金・施工方法・仕上がりが業者ごとに異なります。
実際に、他社が行った消臭作業が不十分で再施工を行い、結局2倍のお金がかかったという事例もございます。
特殊清掃については目先の料金が安ければ良いというものではございませんので、料金だけではなく最後までしっかり対応する業者をお探しの方は特殊清掃まごころにご連絡ください。

特殊清掃の技術について

特殊清掃まごころでは特殊清掃の技術取得のため、テレビなどのメディアで多数取り上げられている特殊清掃業界の先駆けである東京のマインドカンパニー鷹田社長の元で修行してきました。
特殊清掃ができると謳う業者は札幌でも多くなってきましたが、東京に行き実際の現場で技術を取得している業者はそれほどいないと思います。
それどころか、家財整理のみを行う業者が特殊清掃の集客を行い、実際には外注で他の業者が施工するということもめずらしくないのが現状です。また、素人に毛が生えた程度のハウスクリーニングを特殊清掃と謳う業者もいます。
特殊清掃は家財整理とは異なり、素人ができる施工ではありませんので、業者選定の際には実績やどのように技術を取得したのかをご確認いただくのが良いと思います。
我々は、東京と北海道ともに特殊清掃現場を施工してきましたが、気温の影響により北海道では東京ほどご遺体の腐敗が進んでいるケースは少ないのではないかと思います。
現場の状況が厳しい東京の第一線で活躍している特殊清掃士の元修行をしておりますので、過酷な現場であってもご安心してお任せいただければと思います。

遺品整理と特殊清掃の違い

遺品整理と特殊清掃はよく混合される場合がございますが、特殊清掃を行うためには遺品整理のスキルのほかに多数のスキルを必要とします。遺品整理・特殊清掃ともにサービスを提供している我々が、それぞれの違いについてご説明いたします。

遺品整理とは、故人様が残したご遺品を仕分けし、貴重品と処分品を分けていく作業のことを言います。遺品整理に必要なスキルは、体力、買取りの知識、故人様やご遺族に寄り添う想いや志、廃棄物に関する法律の知識などです。この条件を満たしている業者は遺品整理を行うことができると考えています。つまり、体力と少しの勉強、志があれば『誰でもできる』のです。

遺品整理の様子

特殊清掃現場での遺品整理の様子

しかし、特殊清掃ではより専門的なスキルが必要です。遺品整理(家財整理)の知識を基本とし、消毒・消臭の知識、ハウスクリーニング(洗剤や洗浄)の知識、感染症予防の知識、第三者への配慮(遺品整理よりも厳重)などです。特殊清掃も少し勉強すれば・・・と思われるかもしれませんが、特殊清掃の技術は机上の勉強だけではとても習得できるものではありません。多くの現場で作業を行い、経験と実績を重ねていく必要があります。ご依頼いただいたすべての現場で最後まで問題に向き合ってきたからこそ、特殊清掃の技術が習得できたと考えています。さらに、特殊清掃では多くの資材を必要とします。オゾン発生器だけでも高額ですし、ハウスクリーニングの資材も揃える必要があります。そして、臭いが取れなければ当然クレームとなるリスクもあります。そのため、多くの遺品整理業者は、遺品整理や家財整理だけを行い、特殊清掃業界には参入しないのです。

ここでご注意いただきたいのが、『遺品整理しかできないのに特殊清掃の集客を行っている業者』です。彼らは、自社ではなく他社に外注で作業をさせ、作業料金に上乗せして請求している場合があります。特殊清掃の作業ができない業者が特殊清掃の見積りをできるわけもありませんし、実際に臭いが取れない場合に最後まで集客だけを行っている業者が対応してくれるかは疑問です。
特殊清掃をご検討の方は、特殊清掃まごころにご相談ください。ご依頼いただければ最後まで責任をもって対応させていただきます。

特殊清掃における重大要素
家財整理

家財整理ではそのまま搬出すると臭いを拡散させ、近隣住民に迷惑をかけて最悪クレームに発展する可能性がございますので、しっかりと梱包を行い臭いの拡散を防ぎます。

原状回復

原状回復では必要最低限の施工を見極めご提案いたします。無駄なリフォームや施工はご提案いたしません。

消臭

特殊清掃まごころでは、OST(オゾンショックトリートメント)法を採用し、腐敗臭だけではなく、たばこ臭や生活臭など様々な臭いの消臭に対応できます。

消毒・殺菌

人体や家財に影響の出にくい薬品を使用し、お部屋中の消毒・殺菌を行います。

ハウスクリーニング

汚れに合わせて多数の洗剤を使い分け、ハウスクリーニングを行います。介護施設などでも使用しているアレルギーの出にくい業務用洗剤を使用しています。

秘密厳守

特殊清掃を行う場合、人に知られたくない方が多いと思いますが、ご遺族やご依頼者の秘密厳守を徹底いたします。

特殊清掃まごころでは特殊清掃の技術取得のため、テレビなどのメディアで多数取り上げられている特殊清掃業界の先駆けである東京のマインドカンパニー鷹田社長の元で修行してきました。
特殊清掃ができると謳う業者は札幌でも多くなってきましたが、東京に行き実際の現場で技術を取得している業者はそれほどいないと思います。
それどころか、家財整理のみを行う業者が特殊清掃の集客を行い、実際には外注で他の業者が施工するということもめずらしくないのが現状です。また、素人に毛が生えた程度のハウスクリーニングを特殊清掃と謳う業者もいます。
特殊清掃は家財整理とは異なり、素人ができる施工ではありませんので、業者選定の際には実績やどのように技術を取得したのかをご確認いただくのが良いと思います。
我々は、東京と北海道ともに特殊清掃現場を施工してきましたが、気温の影響により北海道では東京ほどご遺体の腐敗が進んでいるケースは少ないのではないかと思います。
現場の状況が厳しい東京の第一線で活躍している特殊清掃士の元修行をしておりますので、過酷な現場であってもご安心してお任せいただければと思います。

作業の流れ
01
お見積り

弊社の事件現場特殊清掃士が直接現場に伺いお見積りをいたします。
ご事情によりお部屋に入れないご依頼者様も多くいらっしゃいますので、私たちプロにお任せください。

02
作業日程調整

お客様のご都合に合わせ、スケジュールをご提案いたします。現場の状況により、2週間程度お時間をいただく場合がございます。

03
消毒・殺菌

お部屋に消毒剤を噴霧し、空間や家財の消毒・殺菌を行い作業ができる状況にいたします。

04
家財整理

家財がある場合は家財整理を行います。搬出時は、第三者へ配慮しながら作業を行います。

05
ハウスクリーニング

お部屋中にある臭いの元をハウスクリーニングで落としていきます

06
消臭

オゾン発生器での仕上げの消臭作業を行います。

07
お引渡し

お客様お立合いの元、問題なければお引渡しです。お部屋に入れない場合には、お写真にてご確認いただきます。

08
ご精算

作業完了後にお支払いいただきます。お支払いは、現金、またはクレジットカードがご利用いただけます。

作業料金一覧
作業料金(税別)
作業人件費
15,000円~
害虫駆除
10,000円~
消毒・殺菌剤散布
10,000円~
汚染箇所の防臭加工
30,000円~
ハウスクリーニング
35,000円~(間取りにより)
オゾン消臭
30,000円~
リフォーム
提携会社のご紹介が可能です
(お客様と直接やりとり)
汚染箇所の基本料金(税別)
クッションフロア
10,000円~
フローリング
10,000円~
風呂場
50,000円~
トイレ
50,000円~